川口市立戸塚児童センターあすぱる 自然観察会~アカガエルの卵調べ~
3月5日(土)10:00~12:00
幼児9人  小中学生21人  大人22人  サポーター5名

恒例となった春の自然観察会です。
自然を愛する心を育むために年に4回行って、
地域の方との繋がりを深めています。

この日の活動は、戸塚南小・あすぱるエコクラブで
斜面林にアカガエルを増やすための活動の成果を確認しました。
回を重ねるごとに、親子での参加が多くなってきているように感じます。
あすぱるの駐輪場で、出発前のあいさつです。

横山隊長は季節の花を持って来てくださり、
子どもたちに『サクラ』『モモ』『ウメ』の花の見分け方を伝授。
DSCF1600

「サクラとウメの違いは分かるかな?」
と横山隊長が尋ねると、近くにいた男の子が隊長の持つ枝を観察して
「サクラの花びらはハートみたくなってる!」
と答えてくれました。

特徴・違いは以下の通りです。
『サクラ』さくらんぼの茎の先に花(蕾)があり 花びらがハート型。
『モモ』花(蕾)が対に付いている。
『ウメ』花(蕾)が1つ1つついている。花びらが丸型。

続いては、3年生のSちゃんによるアカガエルのお話です。
DSCF1602

アカガエルは平地や広葉樹の林が住処だが、宅地が増えたため減っている。
斜面林を大切にしてアカガエルを守りたい。
とボードを使って見やすく分かりやすく発表してくれました。

出発前に、これまでの卵塊の数の確認です。
DSCF1596

横山隊長がボードを掲げると
「僕ここ(2014年)から参加したよ!」
「この時に参加して一緒に数えた。」
去年一昨年の数を指しながら、子どもたちから反応が!
継続して参加している子どもの割合が増えています。

それでは出発!
まずは戸塚南小学校のビオトープから。

「ここにあるよ!」
と子どもたちが横山隊長に次々と教えてくれます。
「さすがだね。みんなで探すとどんどん見つかるね。」
と横山隊長。

ここには、卵塊は3つでした。

横山隊長が草花遊びを紹介。
DSCF1610

脇に生えていたぺんぺん草を1本手に取り、
「ぺんぺん草の遊び知ってる?」
と子どもたちに声をかけながら
「ちょっとずらす。ちょっとずらす。」
と茎をずらしたあと、回して遊び方を教えてくれました。
集まった子どもたちは横山隊長を真似て次々と足元のぺんぺん草で遊びます。

ペンペン草の音は小さいので子どもたちの賑やかな声に負けそうに・・・。
子どもたちは耳に近付けて、良い音色を確かめました。

いよいよ斜面林です。
先頭で向かった子が早速卵塊を見つけて
「あったよー!」
報告してくれます。
池は、広く卵塊も多いので分担して数えました。
DSCF1614

橋の足元を見ると、黒い粒が沢山落ちています。
DSCF1618
これは、誰かがイタズラで水路の卵塊を移動してしまったのでしょうか。
とても悲しい事です。

池を数え終わると上流に向かって数えていきます。
「ここにもある!」
「隊長ここも!」
子どもたちは夢中になって見つけては伝えて、
どんどん進んでいきます。

DSCF1626 DSCF1623

斜面林の卵塊を隅まで数えたあとは
DSCF1628
1つの卵塊に卵がいくつあるか数えて今年の卵の数を集計。

平均的な大きさの卵を1つ選び容器に移しました。
「触ってみたい!」
と見ていた子どもたちが集まります。
DSCF1634 DSCF1638

小分けにした卵塊を子どもたちが数えます。
DSCF1646

卵の数の発表です。

卵塊は145個!!
1個の卵塊には卵が3096個ありました。

卵塊145個の中にそれぞれ3096個の卵があるとすると、約45万個です。
戸塚の人口6万人を大きく超えて、川口市の人口58万人に随分近づいてきました。

「卵塊が去年の2倍に増えてびっくりした。」
と子どもたちが感想を発表してくれましたが、
そのことから、子どもたちは斜面林に住む生物に偏りがある事に気付きました。
DSCF1656

今後、斜面林の環境をどうしていくか話し合うと、
「子どもたちが竹林に足を踏み入れ壊さないようにして、ヘビなどの寝床が出来ると良い。」
という意見が挙がりました。

今後も引き続き子どもたちと地域の方を繋いで、アカガエル一種だけでなく、
斜面林の生態系を正しい生態系に戻していく活動をしていきます。

横山先生、菊次先生を始め、ボランティアの皆様、たくさんの方の
協力をいただき感謝しています。ありがとうございました。
この活動は、生き物の変化や命の大切さを知り、
子どもたちが郷土愛を育む大切な活動です。
これからも、地域の方と一緒に取り組んでいきたいと思います。
興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

【お知らせ】
アカガエルの卵塊をあすぱるに一ついただきました。
いただいて数日で孵化に元気に育っています。
育てたい方は、あすぱる受付でお分けします。
DSCF1802

児童厚生員 池田幸司(3)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー