【日時】  2月27日(土) 13:30~14:10

【参加者】 12組  幼児15 大人15

 

女の子の健やかな成長と幸福を願う「桃の節句」。「上巳の節句」とも言われます。

コロナ禍ではありますが、すべての子ども達の健やかな成長と幸せを願い、あすぱるでは、

「ミニミニひな祭り会」を開催しました。

 

初めに お雛様クイズを・・・

「雛壇の様子は何を表わす?」「3人官女は未婚既婚?」

「5人囃子の年齢は?」「右大臣左大臣とは?」

「仕丁の役割は?顔の表情は?」

 

それぞれの質問に・・・「へ~!!」「知らなかった」とパパママ達の反応がありました。

 

次は、

ボランティアの「キラキラキャット」さんによるパネルシアターです。

〈キャベツの中から〉

パネルシアターに合わせて、手遊びを楽しみました。

〈動物村のひろば〉

「ここは」

「ここは」・・・と皆さんの歌の掛け合いでシアターが進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ネズミの嫁入り〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈うれしいひなまつり〉

「あかりをつけましょぼんぼりに お花をあげましょ桃の花・・・」

曲に合わせて皆で歌いました・・・

雛飾りのできあがり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、パパママ達の「ひな祭りの思い出発表」

「姉妹なので、雛人形は私の物と妹の物、2つありました」

「ちらし寿司が定番でした」

 

 

 

 

 

 

 

 

「家の雛人形は親王飾りだけなので・・・あすぱるの7段飾りはびっくりしました」

「我が子の雛人形は、木目込み人形です」  等々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの思い出を発表して頂きました。

 

『私の小さい頃は、屋根付き御殿にお雛様が飾ってあったんですよ!』と

スタッフが小さい頃の雛段飾りの画像を皆に回覧。

 

 

 

 

 

 

 

 

「わ~~~~!!」「素敵~~!!」と歓声。

「家のは、人形ケースに入ってま~す」

 

時代、住居の変遷と共に、

お雛様の形は変わって来ています。

しかし、我が子の幸せを願う気持ちは、変わりませんね。

 

そして

ピンクの巾着は、幼児さんへ・・・「雛ラムネ」

きみどりの巾着は、パパママへ お子さんへの願いや夢を描く・・・「桃の短冊」

あすぱるから、心ばかりのお雛祭りのプレゼントをさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、子育て家庭に寄り添い、地域の子ども達の成長を見守っていきたいと思います。

 

保育士 増子 順子 (4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー