日時:3月12日(土)10:00~12:00

参加人数:幼児4人、小学生19人、中学生1人、高校生1人、大人19人、ボラ5人

2010年より毎年春に行っているアカガエルの卵調べ。

今年も横山隊長のご指導の下、下台公園の水路にてみんなで調査を行いました。

出発の前に横山隊長、そして戸塚南小あすぱるエコクラブOGの岩川さんよりアカガエルについての解説があります。

子どもたちはアカガエルの写真に興味津々の様子。

「大人のアカガエルも見てみたい!」

とやる気満々でした。

さらに、参加者のお母さんがアカガエルの本を読んでくれます。

絵本に出てくるようなアカガエルや卵に出会えるかな…楽しみです!

あすぱるから水路へ向かう途中にも自然がいっぱい!

茂みにいるカマキリの卵を探したり

安行桜を眺めたり

みんなで春を探しながらの移動となりました。

産卵場所をのぞいてみると、今年もアカガエルの卵がいっぱい!

水の中にあるタピオカのかたまりのようなもの…これが全部アカガエルの卵なんですよ!

早速、みんなで協力して水路にある卵の卵塊数(かたまりの数)を数えます。

さて、いくつのかたまりがあったと思いますか?

正解は…

65卵塊の卵が見つかりました。

さらにここから、1卵塊がいくつの卵でできているかを調べます。

この卵のかたまりを少しずつばらしてカップに移します。

カップに入っている卵の数を一人一人が数え、その合計が1卵塊の卵の数となります。

集計の結果、1卵塊の卵の数は2,442個でした。

ここに先ほど見つかった卵塊数の65をかけると…

今年水路で見つかった卵の数は、およそ158,730個という結果になりました。

調査で使用した卵は参加者で手分けして持ち帰り、大きくなったら元の水路に戻します。

「いのちを大切にしたい!」

子どもたちはやる気に満ち溢れていました!

他の子どもたちにも参加した感想を聞いてみます。

「カエルだけじゃなくたくさんの生き物がいて驚いた。」

「冬にトンボがいた!」

カエル以外にも、たくさんの生き物と出会えたようですね!

最後は、みんなで自然にお礼を言って終了します。

今年は158,730の新しい生命が誕生していましたが、大人のカエルまで生き残れるのはこのうちのわずか2%ほどだということです。

みんなも、おたまじゃくしやカエルを見かけたら、そっとのぞいて成長を見守ってあげてくださいね。

また来年、たくさんの卵に出会えるのが楽しみです!

児童厚生員 田中永幸(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー