ある日のあすぱる。

学年や学校の垣根を超えた、子ども同士の交流がたくさん見られました。

 

その様子を、ご紹介します。

 

遊戯室では、卓球部に入っている中学生たちが、小学生に卓球を教えています。

卓球部のお兄さんたちのレッスンに、小学生も興味津々!

 

「そうそう、うまいうまい!」

「パチパチパチ」

 

ラリーが続くたび、中学生たちから、盛んに声援や拍手が飛びます。

初めは緊張気味だった小学生も、中学生の声援や拍手を受け、いつの間にか笑顔で卓球を楽しんでいました。

中学生と小学生、それぞれに感想を聞いてみます。

 

中学生:「緊張したけど、教えるのも面白いね!」

小学生:「お兄さんたちに教えてもらえて、楽しかった!」

 

コロナが落ち着いたら、小中学生の交流イベントとして企画してみたいなと思いました。

 

ところ変わって、交流コーナー。

ここでは、5年生が下級生に、スピードスタックスのレクチャー中。

教わっている下級生は、スピードスタックス初体験です。

 

「どうやってやるか、わからない…」

「こうやるんだよ。」

 

5年生が見本を見せます。

「すごーい!」

「試しに、やってみてごらん。」

 

今度は、下級生が挑戦です。

 

「ちょっとだけできた!」

お兄さんのお手本が良かったのでしょう、すぐにコツをつかみました。

その後も、仲良く練習に励んでいる様子が見られました。

 

この他にも、小学生の女子が幼児におもちゃの借り方を教えてあげるなど、館内の至るところで、子ども同士の交流が見られました。

三密を避けながらの運営が続きますが、子ども同士の心の距離は縮まるよう、スタッフも積極的にサポートしていきたいと思います!

 

児童厚生員 田中永幸(6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー