日時 8月21日(金)午前11時~12時

参加者:小学3年生以上6人

場所:多目的室

 

毎年、夏休みに行っている「手縫いの巾着つくり」に代えて

今年は「ミシン体験」をして小物作りに挑戦!

 

受付が始まると、予想以上の申し込みがありましたが、

このコロナ禍の中で、今年はたくさんの子ども達の受付ができませんでした。

 

子どもたちは好きな生地を選び、巾着袋とコースターを作り・・・

 

ミシンは初体験。電動ミシンの針の機械的な『動き』や『音』に、

「こわい!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れてくると、子どもたちは、

「まっすぐ縫えた!!」

「ちょっと、曲がっちゃった。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちが縫いやすいように、スタッフがアイロンがけをして布をしっかりと押さえます。

 

  

 

出来上がった巾着袋を見て、

「大切な物入れにしよう!!」

「おばあちゃんにプレゼントする!!」

と、子どもたちは話してくれました。

 

コースター作りをした子は、時間内に最後の工程が終われなくて、

「家で、やる!!」と、持ち帰っていました。

 

最後に、子どもの作業をそばで見守っていたお母さんは、

「やらせれば、(子どもは)出来るんですね。

家にもミシンがあるので、子どもとまたやってみようと思います。

良い機会になりました。」

と、話してくれました。

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

 

最近、子ども達はミシンに触れる機会が少なくなっています。

今回ミシン初体験の子ども達は、予想以上に興味津々で楽しそうに作業していました。

今後も、『ミシン体験』のきっかけになるようなイベントが企画できたらと思います。

 

 

保育者 秋元キヨ(3)

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto