~戸塚南小祭り~

27年10月25日(日)10:00~12:30

幼児50人・小学生170人・大人120人参加

 

毎年学校が一丸となって行われる南小祭り。

あすぱるでは毎年地域の方に児童館での取り組みを知ってもらう、

「遊んで楽しい・作ってうれしかった」の気持ちを実感してもらう事を目標に、

毎年ブースを出して参加しています。

DSCF8044 DSCF8045

 

今年は前日の夜から吹き始めた強い風の影響で急遽屋内で行う事になりました。

PTAの保護者の産地直送野菜販売、焼きそば、かき氷、チョコバナナ、たこやきとお店が並びます。

子どもたちによる手作りおもちゃやアクセサリー、手作り手芸品、楽しいゲームを作って

“エコマーケット”

としてお店を開きました。

通貨は「エコチケット」。

小学校で古紙や牛乳パックを回収日に持っていくとエコチケットと引き換えになります。

子どもたちはお金を持っていなくても、それを持ってお買いもの出来るというシステムです。

開店を待ち切れずにお買い物をする人や、

楽しそうに見て歩く人が会場を埋めているのでした。

今年もエコ店長は創造性を発揮して来場者を楽しませています。

この楽しい体験が次のエコ店長を育てているのだと感じます。

 

あすぱるの今年のブースは、タコ釣りゲームと、ビンゴでバルーンアートをもらえるストラックアウトでした。

DSCF8047

タコ釣りゲームは牛乳パックの端に切れ目を入れて、ラップの芯に付けたキャッチャーでたこをキャッチする遊びです。たこはトイレットペーパーの芯で作りました。

20秒でいくつ取れるか競争して、記録を更新するとバルーンアートをもらえるおまけつき!最高は23個!!

5年生の女の子です。

「もう1回やらせて下さい」と一人で何回も挑戦するも、記録の23個を破る事が出来ずあきらめる子が続出。

結果を聞くたびに

「あ~~・・・」と残念がる男の子。

この後も記録を破られることなく終了しました

160個用意したたこも参加してくれた人に一つづつお土産にして2時間で完売。

お金を使わずただで出来るゲームにたくさん来てくれました。

付添い出来たママ達も次々と吸い込まれるように取られていくタコ釣りゲームをみて

「こんな方法で取れるんですね~」とスマホで写真を取って帰られました。

 

ストラックアウトは一人5個持ったボールが縦横どちらかに1列になったらビンゴ!

ごほうびにバルーン風船が一つ作れます。

幼児さんには、ちょっとおまけしてボールを投げる位置を小学生より前にして上げました。

DSCF8053

もらったバルーンは自分で好きな形に作る人、教わって作る人、スタッフに作ってもらう人と色々でした。

人気があったのは男の子では「剣」。女の子では「うさぎ」「いぬ」でした。

目の前で空気が入りどんどん膨らんでくるバルーンを見ると

「うわーっ♪」と明るくなり喜びの表情に変わってきます。

こちらも最後は見本のバルーンまでプレゼントして終了となりました。

 

今回初めて児童館の活動を体験された地域の方は、

「児童館ってこんなことをしているなんて知りませんでした~」と一人でも知ってもらえる人がいて

活動の甲斐がありました。

「今度ぜひ見にいらしてください」とお話しできました。

 

毎年思う事は、お手伝いに参加している保護者の真剣さ。

what if cialis doesnt workbuy clomid onlinegeneric levitra any goodcanadian pharmacypropeciahttp://cialisonline-generic24.com/clomidviagra onlineviagra usage tipskamagra mit in den urlaub nehmen

周りの大人の真剣さは子どもたちに伝わり、きっと“地域の大人に大切にされている”と言う気持ちに繋がっていくのではないでしょうか。

地域で大切にされている事が成長の種になる事でしょう。

 

これからも地域の児童館として“子どもを真ん中に”取り組んで行こうと思います。

 

児童厚生員 杉浦真美 ⑬

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー