戸塚児童センターあすぱる~敬老の日お楽しみ会~
28年9月17日(土)14:00~15:00
幼児12人・小学生6人・大人21人 参加

今年も敬老の日をお祝いして子どもたちとのふれあいを楽しんでもらおうと
地域のおじいちゃんおばあちゃんを招いてお楽しみ会を行いました。
今年は2施設4人の方があすぱるを訪問してくださいました。

CIMG0223

この日のプログラムは・・・
1.幼児クラブ有志 勇気100パーセント ダンス
2.忍者パフォーマンス
3.ピアニカ演奏
4.ハンドベル演奏 エーデルワイス
5.紙芝居
6.どじょうすくい
7.けん玉名人 けん玉披露
8.タコ釣りゲーム

CIMG0239CIMG0249

ピアニカ演奏では地域のおばあちゃまが演奏してくださいました。
富士の山♪虫の声♪に合わせて一緒に歌い全3曲の演奏ですが、
最後の曲はご自身のお好きな曲
「砂山」でした。
「生まれ育った新潟県の風景と重なるのよ」と感慨深げです。
生まれ故郷を思い偲ぶ気持ちが伝わってきました。
今回で3年目の演奏でしたが、年を重ねるごとに腕前が上がっていらっしゃいることを感じそのことを伝えると、
ご本人は気負うこともなく飄々としていましたが、嬉しそうな笑顔で応じてくれました。
「どじょうすくい」はおじいちゃんおばあちゃんも、捕まえたい漁師と捕まりたくないドジョウのやり取りが面白く、楽しんでもらえたようです。

御年87歳のけん玉名人も技を披露してくださいました。
2個重なった玉の上に3個目の玉を載せるという大技を見ることができました。

最後は、車椅子の方でも遊べるトイレットペーパーの芯で作ったタコを、
牛乳パックで作ったキャッチャーでキャッチするゲームを皆で楽しみました。
始めは遠慮がちだったおじいちゃんおばあちゃんも簡単に釣れるタコ釣りゲームを子どもたちと楽しみ、
ひと時を過ごしました。

DSCF3577

 

お別れの時が来ると、子どもたちからおじいちゃんおばあちゃんに
今日の記念にと飛び出す花束をプレゼントしました。
普段はうまく気持ちを伝えることができなかったMちゃんですが、
この時はおじいちゃんおばあちゃんたちを前に
「今日は来てくれてありがとう」と伝えることができています。
年長者を敬い、感謝の気持ちを伝えることができたMちゃんを誇らしく思います。

家庭では2世代での生活がメインになっていますが、こうした経験をすることで、
“敬う気持ち”を育む機会を得られたようです。

お楽しみ会に出演してくださった皆様、訪問に際してご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。

これからも子どもを真ん中に、地域になくてはならない児童館を目指して取り組んでいこうと思います

児童厚生員  杉浦真美  (10)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー