米粉のクッキング~米粉消費拡大推進事業~

27年11月21日(土)10:00~12:30

9組21人参加

 

埼玉県栄養士協会の中山先生の依頼で行われました米粉のクッキング。

今回は中華まん・フルーツパンケーキカスタードクリーム添え・野菜スープと

盛りだくさんなメニューになりました。

 

まずは中山先生恒例の、

『はやね はやおき 朝ごはん』や

DSCF8537

『まじゅつし まじゅつで しゅじゅつちゅう』などの早口言葉でウォーミングアップした後、

米粉についてのレクチャーを受け、ちょっと参加のママたちに聞いてみたところ

今回初めて米粉を調理するというママがほとんどでした。

小麦粉との違いは、でんぷん質が少ないのでさらさらして扱いやすい反面、

膨らむ力が少ないというところだそうですが、シチューやカスタードクリームの

とろみをつけるのに最適だそうです。

 

いよいよ調理に入ります。

初めは中華まん生地作り。

米粉、砂糖、塩、イースト菌、をぬるま湯で混ぜるのですが、

ポイントは砂糖とイースト菌は近くに、塩は少し離して置き、

ぬるま湯を砂糖イースト菌の上に流すところです。

DSCF8547

イーストは砂糖を味方につけて膨らむ力をつけるからだそうです。

初めはべたべたした感じですが、最後は皆きれいにまとめることができました。

DSCF8564

その後生地を寝かして膨らむのを待ちます。

 

次はスープの準備です。

ジャガイモ、人参、玉ねぎ、キャベツ、ウインナーを食べやすい大きさに切ります。

初めて包丁を持つお子さんにはママたちがしっかりサポートしながら切っていました。

1回油で軽く炒めたらお水を入れて煮立てます。

DSCF8558

味付けはコンソメ、塩です。

そして、先生のデモンストレーションでカスタードクリーム作りです。

DSCF8561

ポイントは、火をつけない状態で粉の材料と牛乳を混ぜること。

よく混ざったら弱火にかけてゆっくり木べらを円く動かして鍋底から

固まってきたものを撹拌するとなめらかなクリームに仕上がります。

仕上がりにバターとメープルシロップで風味付け。

中華まんの生地が膨らんできたら仕上げです。

今回の中華まんの中身は、なんと大粒冷凍シュウマイです!

先生が袋から取り出して来た時、一瞬

「???」

とみなきょとんとしていましたが、

生地を丸くした後掌で押して平たく伸ばしたあと、

その中にシュウマイを入れて生地で覆いながら形を整えるとまさしく「肉まん」なのです。

ココアで色付けした生地で、動物の顔や飾りを付けました。

DSCF8566

 

接合部を下にして蒸し器で20分蒸せば出来上がり。

その間に、パンケーキを焼きあげます。

ホットプレートのふちが熱いので火傷に気を付けながら片面が焼けたらひっくり返して

両面を焼くと出来上がり~。

ポイントは、表面がぷつぷつと空気の塊が出てきたら、ひっくり返すことだそうです。

良く焼けるようにと全面に泡立ちが出てからだと仕上がりが固くなってしまうそうです。

ふっくらした仕上がりは、少し早めに返すことだそうです。

先生が用意して下さったオレンジ、スライスしたもも、ミントの葉っぱ、

カスタードクリームで飾り付け。おしゃれに粉糖もかけて出来上がり~♪

蒸しあがった肉まんは大きく膨らみ、

「わーっ!」

とみんな驚きの声が聞こえました。

スープ、蒸しあがった中華まんもお皿に乗せて完成~。

DSCF8567

 

いただきますのごあいさつをしてくれる人~と声を掛け前に出てきてもらい、

「たくさんの人に感謝していただきましょう」

「それではごいっしょに、いただきます!」

 

「スープの味はどうですか?」

「野菜のうまみが出ていておいしいです。」

(大きめの人参が心配でしたが、やわらかく煮えていました。)

 

「シュウマイの肉まんは?」

「お肉の存在がしっかりして食べごたえあります。」

 

「カスタードクリームはどうですか?」

「しっとりしてなめらかです。甘さも控えめでたくさん食べられそうです。」

「ミントの葉がおしゃれですね!」

といつものクッキングとはまた違ったバリエーションで楽しんでもらえたようです。

 

そのほか先生からのお話では、稲=飯の根=命の根、朝食の大切さ、

朝食を必ず取っているお子さんは成績もよいというお話を聞いて、

ママたちは興味深く聞いていました。

 

食べることは直接命にかかわること。

その他成長や人格形成にも大きく影響することです。

子どものころから、食に関しての知識を積み上げていくことが“生きる力”に繋がることを大切に、

これからも取り組んでいこうと思います。

 

児童厚生員 杉浦真美 (15)

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー