10月のクッキング~手作りハンバーガーを作りましょう~

10月10日(土)親子クッキング11組22人10:00~11:30

小学生クッキング17人12:00~13:30

 

親子の触れ合いや小学生同士での交流をしながら

「作って楽しい。食べておいしい」と食を通じての体験をしてもらおうと
10月のクッキングは、初めてひき肉を使ったハンバーガーを作りました。

 

ハンバーグと言うと、みじん切りした玉ねぎをあめ色になるまで炒めて・・・

というのが一般的ですが、今回はスライスした玉ねぎを細かく刻んで入れるように
簡単に作る方法で作りました。

DSCF7784

材料は合びき肉・玉ねぎ・パン粉・豆乳・塩少々・バンズ・レタス・ソース
・ケチャップ・マヨネーズ。

 

お家だとボールでお母さんが手でこねると思いますが、
ビニール袋に材料を入れ混ぜ合わせる方法を取りました。

玉ねぎの水分と、豆乳でパン粉もしっとり。

ビニール袋の中で材料が程良く混ざったら種をまるくして手のひらで抑えてひらたくし、
フライパンで焼きます。

両面に焦げ色がつき、串で刺して透き通った肉汁が溢れてきたら焼き上がりです。

DSCF7790    DSCF7799

温めたバンズにケチャップ、レタス、ハンバーグ、
お好みでソースやマヨネーズをかけてできあがり~♪

DSCF7793

 

小学生クッキングでは“いただきます”の前にみんなに聞いてみました。

「自分の作ったハンバーガーお店に出しても良いよと思う人~?」

と聞いてみると、

「はーい!」

と8人の人が手を上げてくれました。

 

“いただきます”のあとは

「うん!おいしいね!!」と親子で顔を見合わせたり、
小学生は皆お腹がすいていた事もあって食べることに集中しています。

 

またまた質問してみました。

「ハンバーガー屋さんのハンバーガーより美味しいと思う人~?」

 

「は~い!」

と手を上げてくれた人がいました。

売っているものはおいしいけれど、『手作りだからこそ』の美味しさを感じてくれた人が
いた事がうれしかったです。

 

終了後親子クッキングで参加したお母さんからは、

「いつもはレタス食べないのに、今日は全部食べらました~」

「パン食が苦手で、いつも残すのに今日は完食でした!」

とうれしいお話しがありました。

 

お家とは違う環境ですが、違った事で何かが働き、食べてみようという気持ちに
繋がったのかもしれません。

 

食べる事は生きる事。

自分ではどうにもできない子どもたちだからこそ、食べさせるお母さんの働きは
重要だと思います。

また、毎日の生活で振り返る事が難しいですが、
家族の健康を整えるためにもお母さんの健康も整えていって欲しいですね。

 

11月はスィートポテト作りです。

どうぞお楽しみに。

 

児童厚生員 杉浦真美 ⑫

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー