戸塚の今、むかしを知ろう

日時:6月27日(土)10時~11時30分
場所:多目的室

南小あすぱるエコクラブの活動の一つとして「地域の歴史を知って魅力を発見しよう。」
と企画しました。
DSCF5801

昨年発行された社会科の副読本「みんなのとづか」には、

DSCF5805

戸塚のようす
戸塚の今、むかし
戸塚の自然が
こどもたちに分かりやすく書かれています。
「みんなのとづか」の製作に協力していた郷土歴史家の戸張功さんからお話しを聞きました。
DSCF5806

城跡、お寺、神社のお話し、
DSCF5821

昔町役場があったところが今は?
DSCF5818

駐在所だったところが今は?
DSCF5816

変貌ぶりに子どもたちは、驚きを・・・

戸塚村が川口に合併した時の話しを聞くと
保護者からもうなずく様子も見られましたが、
反対した人の意見は?
賛成した人の意見は?
などの質問がありました。

子どもたちよりお父さん、お母さんが興味深く聞く姿が印象的でした。

三佛寺に徳川家康が立ち寄ったこと、
西福寺の門には2体の仁王像があったそうです。
この像は、今は芝の増上寺(東京都港区)に安置されていると知ることができました。

 

子どもたちは、歴史ある戸塚に興味を持ち始めたようです。
「僕は歴史がすきなんだ。」と言う声を聞くことが出来ました。

サポーターとの反省会では
「今日は雨のため、フィールドワークに出られなかったが、
次回は古墳塚や寺を実際に歩いて見よう。」
と言う意見が上がりました。
DSCF5815

初回は戸塚の歴史のすごさを知ることで終わりましたが
この会を続けていくことで郷土の歴史に興味を持つ子どもを増やして行こうと思います。
郷土を愛する子どもが地域に貢献できる大人になるといいですね。
地域の方と一緒に次世代のリーダーになる子どもたちを育んでいきます。
ご協力頂いた皆さんありがとうございました。

次回は9月を予定しています。
皆さんのご参加お待ちしています。

児童厚生員 澤田幸江(7)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー