戸塚児童センター あすぱる サマーフェスティバル

「忍者やしき★あすぱるに行こうでござる」

来場者数 1085名

さあ、今年も夏祭りの季節がやってきました。

この夏、あすぱるでは、「子どもエコ忍者学校」を開校します。

したがって、今年の夏祭りは、テーマを「忍者」に設定。

「忍者やしき★あすぱるに行こうでござる」というタイトルで開催されました。

今年もたくさんのボランティアの皆様がご協力してくださり、お祭りを盛り上げてくださいました。

それでは、各コーナーの様子を担当スタッフよりご紹介します。

 

◇忍者やしき

昨年、好評だった「お化け屋敷」。

今年は「忍者やしき」です。

昨年「お化け屋敷」で活躍した子ども実行委員が中心となり忍者やしきを企画しました。

入口や屋敷内は、忍者が今も出てきそうな雰囲気の装飾を

川口高校のお姉さんボランティアと一緒に頑張って製作しました。

「忍者やしき」の看板は子ども実行委員自身が毛筆で書きました。

忍者パフォーマンスも何度も練習しました。

 

そして、本番を迎えました。

入場する子どもたち、偽物の巻物を渡され、それを本物の巻物に交換して持ち帰る課題が告げられます。

屋敷の中では、不気味な木魚の音が流れています。

暗闇に紛れて、子ども忍者が、大きな黒布やつづらの中に身を隠し、人が近づくと姿を現し忍者パフォーマンス。

また、障子を身体に縛り、近づくとくるりと障子を回転させ姿を現すからくり屋敷。

 

 

「わ~」

「お~」

「きゃ~」

声をだして、驚いたり、笑ったり、喜んだり・・・。

無事、任務を終了し出てきた子どもたちは、

「楽しかった」

「おもしろかった」

と笑顔いっぱいでした。

入場者の様々な反応に子ども忍者もやりがいを感じていたようです。

「今年もやってよかった。」

と子ども実行委員。

川口高校のお姉さん、今年もご協力有難うございました。

 

IMG_3649

来年は「幽霊の館」かな?

担当スタッフ 鷲巣敏行

 

◇ステージコーナー、忍者入門道場

ステージでは、まず開会式が行われ、実行委員のみなさんが前に出て、決意を語ってくれました!

実行委員のみなさん、よろしくお願いしますね!

DSC_7837

司会は、4年生の女の子がすすめてくれます。

ウィンターパーティーで経験しているので、堂々とした司会ぶり。頼もしいです。

IMG_3668

英語サークルのちゃんすさんの発表で賑やかに始まりました。とてもかわいらしい発表でした。

DSC_7851

幼児クラブのお友だちは、かわいい忍者に変身してお遊戯を発表しました。

おうちの人と離れられないお友だちが多いかな?と心配していたのですが、

一生懸命に踊ることができて、素晴らしかったです。

踊りおわると、おうちの人に駆け寄って

抱きしめてもらっていました。

 

頑張っていた緊張の糸がほぐれたんだね。いっぱい誉めてもらえたかな?

IMG_3676

 

ステージ発表のあとは、遊戯室が忍者入門道場に変身しました。

まず始めに、忍者さんによる、デモンストレーション。

最初の忍者さん(実は、利用者のお父様!)は、バク転などのワザで華麗な動きをみせてくださいました。

DSC_8030DSC_8027

次の忍者さん(実は、利用者のお母様とお友達の方!)は、、本物の手裏剣を使って、パフォーマンス。

DSC_8033DSC_8048

 

手裏剣は、流派によって形が違ったり、手裏剣同士を重ね合わせて音を出して合図を出し合ったりしている

というお話も教えていただきました。

 

 

その後は、手裏剣コーナー、吹き矢コーナー、忍び足コーナー(平均台)、修行コーナー(跳び箱とマット)を用意し、

それぞれ自由に体験していただきました。

手裏剣コーナーでは、忍者さんが投げ方のコツを教えてくださり、

DSC_8117IMG_3697

吹き矢コーナーでは、ストローを使い自分で作った吹き矢で的当てをしました。

DSC_8150

 

平均台では、目隠しして、チャレンジする子もいましたよ。

跳び箱は、ジャンプして、マットで回転。

IMG_3694

 

忍者のように、かっこよく出来たかな?大にぎわいの体験コーナーでした。

担当スタッフ 反町 瑞香

 

 

◇ジュース・駄菓子屋さんコーナー

ジュース・駄菓子屋さんコーナーは4校の小中学生で結成されました。

あすぱる祭り初めて参加の小学生たちは前日準備から興奮気味で
「あ~楽しすぎる♪ あすぱるのお祭りが、今の感じが5日くらい続けばいいのに~」
と言いながらレイアウトBoxにお菓子を詰めている姿がキラキラして見えました☆
開会式での挨拶も考え、ヤル気満々!

リーダーを務めてくれた中学3年生のベテランAちゃん、

小学生たちのお話を受け止めながらうまくまとめてお祭り準備をしている姿に成長を感じさせてもらいました(^-^)

今年の駄菓子コーナーの小学生たちはあすぱる祭りを見るのも初めてだったので、実行委員のお仕事だけでなく

他のブースもまわってお祭りを楽しんでもらえるようにみんなで交代時間を決めると、

ドキドキわくわくが止まらない様子(笑)。
当日のお店の様子は、
ママが見守る中、1人でお使いを体験しようと小銭を握りしめてお菓子を選んでいる幼児さんに

じっくりとおつき合いしている実行委員の姿が見られました。

駄菓子屋定番、蒲焼きさん太郎を手に取った2歳前くらいの幼児さんのママに
「硬いかもしれませんが大丈夫ですか?」
とナイスなアドバイスも(^_^)
「歯が生えているから大丈夫よ。試してみるね。」
とママも優しく応えてくれました。

ジュースコーナーの実行委員たちもラムネを選んだお客様に、
進んで

「開けられますか?」

と尋ね
こぼさないよう丁寧にビー玉を開けてから手渡す姿が印象的でした(^_^)

今年もお店屋さんを通して実行委員と地域の小さいお子さんからお年寄りの方までたくさんのふれ合いを見ることができました♪

DSC_8003

 

完売を目標にしていた実行委員たち、

お客様が少なくなると売り歩きもして頑張りました!
夏の良い想い出となりますように・・・☆

そして、あすぱる祭りをきっかけにまた子どもたちと地域のみなさんとの新たな繋がりができたら嬉しいです。

担当スタッフ 江崎 雅子

 

 

◇ゲームコーナー

今年のゲームコーナーは 「手裏剣投げ」と「巻物釣り~落とした巻物を拾え~」です。

前回のウィンターパーティーで主体となった6年生を中心に 4~6年生が担当してくれました。

ゲームの内容もお祭りのテーマである”忍者”に合わせて考えてくれました。

 

お祭りでは、空き具合を見て

「呼び込みに行ってくる!」

 

受付の仕事が忙しいのを見て

「使い終わった釣り竿持ってきたよ。」

など、仕事を見つけては周りを助ける姿が見られました。

 

前回のゲームコーナーよりも多くのお客さんが来たことを伝えると

満足そうな顔を見せてくれました。

IMG_3706

 

お祭りの片付けを終えたあとは、いつものあすぱるの時間です。

交流コーナーでは、ゲームコーナーの子がボードゲームで遊んでいます。

今回のお祭りで初めて会った子も居る中、

学校、学年、性別が異なるメンバーでテーブルを囲んでいます。

お祭りを通して仲良くなっていったのでしょう。とても嬉しくなる場面でした。

 

担当スタッフ 池田幸司

 

そのほかにも、交流コーナーや屋外広場にお店がたくさん。

・幼児サークルちゃんすさんによるそうめんやさん

・元気野菜作りの会による野菜販売

・すいーつばたけのクッキー販売

・すてっぷさんのフランクフルト販売

・おむすびの会による竹炭とポップコーン販売

・八木さんによる雑貨やさん

・テラ・サクラさんのかき氷やさん

・井原さんによるエコ工作作品販売

・彩の国どこでもたけとんぼの皆様の工作品販売

・幼児クラブのヨーヨーコーナー

・熊本地震義援金のためのつかみとりコーナー

 

DSC_8212IMG_3704

 

など、たくさんの方のご協力により、サマーフェスティバルは、盛況のうちに幕を閉じました。

皆様のご協力に感謝いたします。

 

あすぱる スタッフ一同。

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー