日時:8月22日(火)8:40~16:00

場所:歴史と民族の博物館

参加人数:19名(戸塚:10名・芝:9名)

 

東川口駅のバスロータリーに集合し、元気に出発!

「SUIKAを使いたい!」「勾玉作りに来たよ!」「おやつ何持ってきた!?交換しよう!」

途絶えることのない会話の中、電車を乗り継いで大宮駅で芝と合流。乗り換えて大宮公園駅に到着。駅から徒歩で博物館へ向かいました。

 

到着後、さすが小学6年生!低学年をまとめ、はやる気持ちを抑えつつ、案内係の説明に耳を傾けました。

「勾玉づくり」、「藍染」、班に分かれて館内見学スタート!勾玉班は制作に挑みました。

 

’ゆめ・体験ひろば’にて勾玉制作スタート!

きれいな原石を、丁寧に隅々まで磨く小学5年生女子や

「これで完成!」

と、早々に切り上げる小学3年男子など、性格がでる制作工程になりました!

最後まで磨き続け、それでも足りずに家でも磨くと持ち帰った子どももいました。

完成品を嬉しそうに首に下げて触り続ける姿がありました。

 

館内は企画展示、’くらべる古美術~見て考える美術のひみつ~’の開催中でした。観察シートを受け取り

食い入るように細部を見つめます。

 

「この像はずっと怒ってる・・」「どうやって描いたの」「私はこれがお気に入り!」

 

それぞれの感性で古美術品とにらめっこ!剣に書かれた漢文を読み上げたり

自由研究のために無料の資料冊子を持ち帰る子もいました。

 

 

小休憩をはさみ、次は体験コーナー前の”昔遊びコーナー”で遊びました。

   

「石臼轢きたい!」   「だるま落とし、する!」

見つけると同時に体ごと移動してすぐに体験!

さすがの好奇心でした。

 

ゆめ・体験ひろばでは、絹のハンカチを使い、藍染でハンカチ作りに挑戦しました。

割りばしやローラー、輪ゴムを使い、自ら調節して模様を考えます。

「もっと輪ゴムをきつくする!」「輪ゴムでたくさんまく!」

 

輪ゴムと割りばしを使った模様作りに人気が集まる中、

ローラーを使った小学3年女子が

「作りたい模様ができて面白かった。またやりたい!」

歴史や民族学にふれ、豊かな感性を育むきっかけになればと思います。

 

体験の後は、お待ちかねのお弁当&おやつの時間です!

大きなお弁当箱でサンドウィッチをもってきた小学6年男子!みんなに驚かれて

少し照れつつも嬉しそうにパクパクと食べて完食!もちろんデザートも完食でした!

昼食後はおやつ交換タイム!離れた席からお菓子を持ち寄り、交換会!和やかな時間を楽しみました!

 

午後は隣接する大宮公園の動物園・遊園地で遊びました。

「動物園はすぐに見る!見終わったらすぐに走ろう!」

「やろう!やろう!」「あ!ふくろう!ふくろう好き!」

すぐに、の割にはじっくりと観察した後、公園に戻ると’よーいどん!’鬼ごっこが始まりました!

 

男女、学年、関係なくターザンロープや遊具を使っての鬼ごっこ!

「今は誰が鬼!?」

斬新なルールのもと、大笑いしながら走り続ける子ども達でした!

 

帰りの電車でも、興奮は引き続き、すっかり仲良くなった子ども同士で話は続きました。

東川口駅に無事に到着し、終わりの挨拶では、小学5年女子が

「今日、学んだ歴史をこれからの勉強に生かしていきたいです。」

との感想がありました。

 

芝児童センターとベーゴマ大会の約束をして、今回の旅行も無事に終了することができました。

つながりを生かして、地域に根差した活動を、子どもをまんなかに続けていきたいと思います。

ご理解、ご協力下さり、ありがとうございました。

 

保育士 大熊良太(9)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー