日時:令和4年7月25日(月)

人数:小学生12人

戸塚・戸塚西地域包括支援センター共催で、福祉道具(車いすなど)の使用体験し、

高齢者のことを知ってもらおうと「地域福祉を知ろう」を開催しました。

3つのブースを順番に回り、体験したらスタンプを押してもらう、スタンプラリー形式で行いました。

1、「体の動きにくさ」

足首や膝、肘におもりを巻き、歩く、かがむ、座る、立ち上がるなどの動作をし、

不便さを知ってもらう体験をしました。

膝に巻いて・・・

「曲げたり、伸ばしたり、動かしにくいなあ」

2,「目の見え方・耳の聞こえ方」

~耳の聞こえ方~

道具を使って耳の聞こえを体験したり、耳栓をした状態で近くの人と話をしてみて、

聞こえないことの不便さを知ってもらいました。

70歳代の聞こえ方を聞いて・・・「よく聞こえないね」

~目の見え方~

視野狭窄ゴーグルをつけて、視野の狭さや色の見え方がどう違うかを体験しました。

「後ろから来ている人がいても気が付かないね」

3,「歩行器・車いす体験」

歩行器・車いすを実際に使用してみて、乗る人・押す人に分かれて体験してみました。

「なかなか前に進まないし、曲がるのも大変」

「押すのは重くて難しい・・・でこぼこ道も動かしにくい!」

全部体験した後、社会福祉協議会の田中さんが来てくださり、講評をいただきました。

今日の体験を活かし、手助けをしなければいけないお年寄りもいますが、

元気なおじいちゃんやおばあちゃんもいます、と話してくれました。

民生委員の千葉さんからお話を聞きました。

さすが、小学生!聞く態度が素晴らしい!!

子どもたちは日頃、簡単にできることや見えたり聞こえたりしていることも

年をとるとできなくなることを知り、不便さやお年寄りの気持ちに気づいたのではないでしょうか。

最後に修了証をもらい、子どもたちからの感想を聞きました。

「自分ができることがあったら手伝ってあげようと思いました」

「後ろから人が来ていたり、危ない時は教えてあげたいと思いました」

優しい気持ちをいつまでも大事にしてほしいと思います。

今回、ご協力いただきました社会福祉協議会の皆さま、民生委員の皆さま、

ありがとうございました。

また、次回は9月17日(土)に開催予定です。

子どもたちが高齢者と楽しく過ごせるような内容を考えています。

ご参加お待ちしています。  

   保育士  佐藤和恵(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto