お姉さんの愛情たっぷり自由研究

 

あすぱるに遊びに来てくれる小学4 年生のお姉さん。

夏休みの自由研究に弟さんの離乳食づくりを題材にしたそうです。

以前夏休みの思い出の話をしていた時

「弟の離乳食を作ったんだよ」

と教えてくれ、そのレポートを持ってきてくれました。

 

最初はタオルでエプロンを作るところから始まり、

タオルエプロンのつくり方が詳しく書いてあります。

 

DSCF1600

離乳食づくりもおかゆや野菜をゆでて本格的。

弟さんがどれだけ食べたか、好きなもの・感想など細かく

書いてあり、お姉さんが弟さんに愛情を注ぎつつ、

楽しく作っている様子が良く分かりました。

DSCF1601

写真もたくさん載せていて、ほうれん草をべぇ~と

出している写真には

「小松菜は好きだからあげたら、

ほうれん草は食べなかった」

と微笑ましいコメントが載っていました。

 

 

「とても良い自由研究なので小さいお子さんのいるお母さんに

是非読んでもらいたい」

と、お母さんにお話しすると快諾していただきました。

 

早速コピーして乳幼児室に置くと、小さいお子さんのいる

お母さんたちが

「すごい!!小学生ですよね?」

「こんなに本格的にやらなかったかも」

「優しいお姉さんですね」

と大好評。次々と

「私も読ませてください」

と声が上がりました。

 

DSCF1599

とても好評だったお話をお母さんにすると

「弟が大きくなったら読ませてあげようと思ってます。」

とお話ししてくれました。

最近は離乳食づくりがもっと上達したそうで、お母さんも

嬉しそうにお話ししてくれました。

 

この自由研究をきっかけに、人はたくさんの愛情に包まれて

育ってきたのだと再確認することが出来ました。

自分自身も両親・家族に感謝しつつ、子どもたちに

「みんなたくさん愛情に包まれて生まれてきた大切な存在」

ということを

これからも伝えていきたいと思いました。

 

保育士 井上珠世⑬

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー