じゃがいも掘り~さつまいも畑の草取り~じゃがいもの畝つくり&苗植え~ゴーヤの摘芯~

日時:29624()

本日は、じゃがいも掘りを行いました。晴天に恵まれ、3月に植えた苗の成長を楽しみにしていたメンバーも集まりました。

小学5年生の女の子は

「前の日におじいちゃんのじゃがいも掘りをしたんだ!今日も掘る!」

と元気いっぱいです。

毎日、畑のお世話をしていくれている、ボランティアの井原さんから説明を聞き、

まずは雑草取りからです。

 

続いていよいよ、じゃがいも掘り、スタート!

   

「うわぁ!でたでた!」、「根っこのそばから、いっぱい!」

畝ごとに品種の違う4種類のじゃがいもを次々と掘りました。

籠に取り分けて完了です!

収穫したじゃがいもをどうするか聞かれた、小学5年生の男の子は

「ママにおいしい料理をつくってもらう!」

と含み笑いで教えてくれました。

 

その後、小学生はさつまいも畑の草取り、ママと幼児さんは新しい畝を作りました。

さつまいも畑では、伸びた雑草を沢山抜き、苗の成長を助けます。

 

大変な作業にも関わらず、感想を聞かれた小学4年生の女の子から

「沢山収穫ができて嬉しかったです。ジャガイモ以外の野菜も頂き、ありがとうございました。

草取りの体験をさせて頂いて、ありがとうございました。」

貴重な体験に感謝する、すてきな心が育っています。

しっかりとお土産を頂き、満足そうな表情がありました。

 

新しい畝づくりは、井原さんの指導の下、悪戦苦闘です。

なんとか形にしたものの・・井原さんから

「50点!!」

すぐさま井原さんが鍬を持ち、手直しをすると・・早い早い!あっという間に綺麗な畝ができあがりました。

経験の違いを実感すると共に、井原さんの優しさにふれた瞬間でした。

その後新しい苗を植えて、完了!

小さい鍬や持参した象さんの”じょうろ”を持ち、元気に土に関わる幼児さんの姿がありました。

 

最後に、小学生はグリーンカーテン、ゴーヤの摘芯を行いました。

小学5年生女子が摘芯の方法を教えてくれました。お母さん達も摘芯を初体験!

摘芯をするとつるが横に広がり、きれいなカーテンができることを知ったようです。

子ども達の手が届かない所をお母さん達が手を伸ばしてくれました。

綺麗なカーテンになるといいですね!

 

今年は天候の関係もあり、収穫が危ぶまれることがありましたが、すくすくと育ち、無事に収穫することができました。

毎日欠かさず手入れをして下さる、井原さんに感謝して、無駄なく料理に使い、美味しくいただきましょう!

日差しが強く暑い中、ご協力いただき、ありがとうございました。

次回はじゃがいも料理をみんなで一緒に楽しみましょう。お待ちしております!

保育士 大熊良太(7)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー