自然観察会~稲の苗植え

日時:29年6月17日(土)

本日は、恒例の自然観察会です。

始めに、隊長から昨今の気象変化、トンボの生態系についてお話を伺いました。

難しい内容にも関わらず、段階ごとに登場する絵をじっと見つめ、話を聞く姿がありました。

 

そしていよいよ、子ども達の’エイエイオー’でスタート!出発進行!

あすぱるからスタートして、戸塚南小学校~斜面林~下台公園周辺と講師の横山隊長の説明を聞きながら進みます!

子ども達は意欲満点で、隊長が

「あ!」

いうとすかさず集まり、

「おお!いた!」、「あれがじゃこアゲハか!」

興味深々で隊長の手元を食い入るように見つめます。

 

斜面林に着くと、青いシオカラトンボが優雅に空を飛び、出迎えてくれました。

「よし!つかまえる!」

やる気十分な子ども達に負けずに

「こっちこっち!」、「いくぞー!」

 

パパ、ママも応援に熱が入り、軽やかに網でトンボを狙います。

「やった!」、「パパがとったんだよ!」

誇らしげに、とっても嬉しそうに教えてくれました。

 

一度集まり、採集発表会を行います。

隊長の呼びかけに反応し、まってました!というように手を上げる子どもたち。

’ごみムシ’を捕まえた子が、少し自信なさそうに伝えました。

「ごみムシがいる林は、色々な生態系がいる証拠になるんだよ。よく捕まえたね。」

横山隊長から、みんなに説明があり、みんなから拍手を受け。照れつつも嬉しそうに弾んで戻る姿がありました。

 

最後は、斜面林の生態系保持も含めて、稲の苗植えを行いました。

苗を植えながら、赤ちゃんアカガエルを見つけ、

「手に乗ってる!」「こっちにたくさんいる!でも捕まえちゃ駄目だよ!」

と自然にふれあい、生態系から学びとる姿がありました。

目に見えない変化を敏感に感じ取る生態系。身近な自然を観察し、生態系にふれ、

自然を大切にする意識を育んでいきたいと思います。

ご協力いただいた講師の横山さん、ご参加くださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

保育士 大熊良太(6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー