戸塚児童センターあすぱる「子どもエコ忍者学校」

忍者という非日常的な体験と自然環境学習を通して、自分の頭で考え、
自発的に行動できるたくましい子どもに成長して欲しいと「子どもエコ忍者学校」を開講しています。

第一プログラムの入門の儀で、神山忍者から子どもエコ忍者に桑の葉の写真が配られ、指令がありました。

「蚕の餌になる、桑の葉を探してください」

次のプログラムから桑の葉を持ってきてもらい、
エコ忍者の持ってきた桑の葉を食べて
直径数ミリだった蚕はすくすくと育っていきました。
DSCF3335

一ヶ月もしない内に繭を作り出し、下の写真のようになりました。
CIMG0718

 

そして、、、

10月1日(土)「虫つかいの術」

蚕の繭を紡ぐ体験しました。

神山忍者より、蚕の成長や脱皮の話があり、
CIMG0499

今回使用する繭の登場です。

「蚕はまだ生きているんですか?」

「繭の中には蚕の蛹がいますが1度冷凍し、お亡くなりになってもらっています。
繭から出るときに繭の糸を変色させてしまうのです。」

重曹を入れたお湯で煮て、糸を紡ぎやすい状態にします。
CIMG0504

今回のプログラムでは、フォトフレームを作成します。

糸を台紙に巻きつけながら、巻きつけた枚数を記録していきます。

繭を受け取ったら、作業スタート!

CIMG0520

最初は丁寧にゆっくりだった子どもも、要領を掴んでスピードアップ♪

台紙を回さず、繭を持って台紙に巻きつける子供も!

CIMG0511

やりやすい方法を考えついたんですね♪

立ち上がってみたり、10巻き毎に正の字でカウントしていたのを20巻き毎にしてみたり
工夫している姿が見られました。

みなさんが作業に慣れてきた頃、神山忍者からスピードアップの技を教わりました。

中心にわりばしを指し、そこを持って巻きつけると、グルグルグル!!

巻きつけるスピードが何倍にもなります!

CIMG0527 20161012181837

CIMG0531

巻いた数を聞いてみると
「もう数えるの大変だから適当になってきちゃった。」
と返ってきました。

どの子も、数百から千回以上も巻いていたので、後半は疲れが見える子もできてきました。

そして、最後まで糸を紡いでいくと、蚕の蛹が現れてきました。

巻き終わった台紙はフレームに大切にしまった完成♪
細い細い繭も何千回と巻きつけると、存在感たっぷりですね!
CIMG0534

CIMG0539

時間内で終わらず、
「最後までやりきりたい」
と言って1時間以上も残って巻き続けた子もいました。

みなさんすごい集中力と根気を見せてくれました。

地域サポーターの皆さま一緒にと子どもたちの育ちを見守りながら、交流を深められることに感謝しています。

児童厚生員 池田幸司(13)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー