夏休み工作~夢のお部屋を作ってみよう~

日時 平成28年8月26日(水)午後1時~4時

参加者: 小学生4年以上11名

場所:多目的室

夏休み工作~夢のお部屋を作ってみよう~は、昨年から女性建築士の会「ほっと・すまいる」の皆さんのご協力で行っています。

申込み開始日にキャンセル待ちがでるほどの大人気。

夢の部屋づくりに挑戦したいと意欲満々の子どもたちがお母さんと入室しますが

子どもたちが集中力と創造力を発揮できるように、保護者は完成まで別の場所で待って頂きました。

 豊富な材料を目にした子どもたちは目を輝かせて・・・・

DSCF6956

本物の建築材料(壁紙、床シート、小口タイル、端切れ布、スチレンボード、)や
ストロー、ペットボトルキャップ、段ボール、モール、紙粘土、折り紙、楊枝、毛糸、割りばし、りぼんなどの

リサイクル材料が用意されました。

子どもたちは材料を自由に選び、たっぷり使って

夢のお部屋作りに挑戦しました。

DSCF3341

部屋にはテレビ、テーブル、いす、ベット、絵画、カーテン、

ベット、時計、本棚と本、ドア、窓などが作られました。

細かい作業に集中力を切らすことなく、夢中です。

DSCF3342

昨年も参加したという男の子は、

「昨年の反省を活かして、今年は壁紙よりも窓のカーテンやベットの細かい所に時間をかけたので上手にできた。」

と満足そうです。

それぞれの夢のお部屋の完成!!!

3時間もの長い時間が足りないというほど、

子どもたちの集中力とやる気と創造力を発揮する姿を見る事が出来ました。

女の子4人のお部屋を合わせて大喜び・・・

DSCF3346

最後に、一人ひとりお部屋を見せて自慢できるところの発表をして

頑張った所を感想文にしてもらうと、みんなの充実した気持ちが伝わってきました。

2感想  感想  ③感想

「ほっと・すまいる」の皆さんからも子どもたちの頑張りを褒めて頂き、

子どもたちがお母さんに自慢そうに見せる姿を見る事が出来ました。

本物に触れる機会を頂いた「ほっと・すまいる」の皆さんご協力有難うございました。

児童厚生員  澤田幸江(8)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー