戸塚児童センターあすぱるクッキング
~パティシエによるクリスマスケーキ作り~

12月12日(土)親子15組22人  15人

早いもので年末恒例のパティシエによるクリスマスケーキ作りが行われました。

毎年、クリスマスケーキ作りを元パティシエの稲垣さんが地域の方と触れ合って、
プロの技を披露しながら教えてくださいます。

この行事は地域の方にも浸透して申込みが殺到!

申込み開始日には電話が鳴り響き、館内は申込みの保護者が行列でした。

多くの皆さまに電話が繋がらないというご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
大変申し訳ありませでした。

当日はキャンセルもなく、定員いっぱいの参加者が

稲垣さんからケーキ作りのテクニックを教えて頂きました。

今年は小学3年生の息子さんがアシスタントとして来てくれました。

材用を分けたり、配ったりと大活躍。

稲垣さんは小さいときから人前に立っていると自信もつくだろうし、

プレゼン能力を養えるのではないかとこの機会を喜んでいました。

焼き立てのスポンジ生地が焼き上がると試食させて頂くことが出来ました。

DSCF8978

しっとりふわふわ生地に皆さん歓声を上げていました。

質問コーナーでは母親が活発に質問する姿が見られました。

稲垣さんは「お母さんたちが熱心に質問してくれたのがうれしいです。」

DSCF8973

と話してくださいました。

スポンジ生地と生クリームの用意ができ、

DSCF8976

子どもたちが作業に取り掛かります。

思い思いにフルーツを並べて、

DSCF8981

丁寧に生地をまいてトッピング。

DSCF8982

かわいいオーナメントのついたブッシュドノエルの完成です。

DSCF8983

子どもたちの技が高度になって上手にへらを使ったり、

絞り袋を上手に使って生クリームを綺麗に飾っていました。
お父さんと参加の子どもがいたり、家族揃って参加した子どももいて、家族ふれあいの場になったようです。

稲垣さんは、子どもたちがケーキ作りをしている間に試食のケーキを作ってくれて、
それを食べた子どもたちはニコニコ顔。
世界に一つしかないブッシュドノエルのお土産を大切に運ぶ子どもたちの姿が
微笑ましく見えました。

DSCF8992

小学生の子どもたちは自慢そうに持って帰りました。

家族揃って頂くケーキはどんなに美味しいでしょうね。

参加の皆さん、お疲れ様でした。

稲垣さん、だいち君、ご協力ありがとうございました。

児童厚生員 澤田幸江(15)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー