戸塚児童センター あすぱる幼児クラブ「ハロウィンの衣装を作ろう」
10月26日(月)さくらんぼ組 31組70名
10月28日(水)もも組 27組57名 りんご組 28組62名
10月29日(木)つき組 5組12名    みかん組 33組70名

日本でもハロウィンをお祝いするのが一般的になってきました。

幼児クラブでは、ポリ袋を使って衣装作りを楽しみました。

前もって、衣装作りをすることをお伝えしていたので、
装飾用の小物を手作りしてきて下さったお母様、シールやリボンを持ってきて下さったお母様が多く、
とてもステキな衣装が出来上がりました。

まずは、オレンジ色か黒色のポリ袋を選びます。

ポリ袋を洋服の形に切って、大きさを合わせます。

DSCF8068

新しいお洋服を採寸してもらっているようで、ちょっとおすまししたみんなのお顔が印象的でした。

形が整ったら、次は、装飾です。

DSCF8103

おうちから持ってきた飾りをつけたり、スズランテープを巻いたり、余ったポリ袋で、帽子やリボンを作ったり…。

DSCF8187DSCF8098

創造性豊かな衣装が次々と出来上がって、みているだけでとても楽しい気分になりました。

DSCF8099DSCF8124

衣装を身に着けた子どもたちは、
「みてみて〜。かわいいでしょ。」
と、とてもうれしそう。

DSCF8195  DSCF8136
グループ毎に前に出てきてもらって、衣装を見せあいました。

そこに、お菓子を持った魔女が現れて…。
「トリック オア トリート」
の合言葉でお菓子をもらいました。

DSCF8140
「ありがとう。」

ってきちんと言えた子も多かったです。お菓子をもらって、ニコニコうれしそうです。楽しいハロウィンの思い出ができましたね!

〜つき組編〜
つき組さんは、ポリ袋の色の種類を増やし、より個性的な衣装作りを行いました。

DSCF8154DSCF8155

お母さんと相談しながら、はさみでテープを切ったり、シールを貼ったり。月齢が大きい分、できることもいろいろありますね。

出来上がった衣装を着てみんなでパレード。

館内に遊びに来ているお友達から、

「かわいーい」

と声がかかります。

多目的室の鏡で、自分の姿をみて満足そうです。

DSCF8164

やはり、自分の姿がみえるのは、うれしいですね。
楽しいハロウィンになりました。

幼児クラブ 反町 瑞香(14)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー