戸塚児童センターあすぱる幼児クラブ

「ビリビリ パラパラ」

5月14日(月) さくらんぼ組  40組87名 みかん組34組79名

5月16日(水)つき組5組12名

5月17日(木)もも組35組75名 りんご組35組78名

今回は、4回目の活動です。

最初は、緊張気味だった子どもたちも(お母さんも!?)慣れてきたようで、リラックスした表情で参加しています。

出席カードにスタンプをポンと押すのも、上履きを自分で履くのも、意欲的に行っています。

最初のご挨拶や体操も元気いっぱい!

「おうちでも、体操を踊っているんですよ。」

なんていう声を聞くと、とても嬉しく思います。

 

今回は、新聞紙を使って、ダイナミックに遊びます。

5月のこどもの日にちなんで、まずは、かぶとを折りました。

お子さんの頭にかぶせて、

「かわいい」

「かっこいい」

と、ママ達もうれしそう・・・。

 

そのあとは、グループ毎にみんなで布を持って、その上にちぎった新聞紙をのせてパタパタ遊びました。

新聞が布の上で踊っているみたい。

そんな様子に、子どもたちは、大喜びです。

音楽をかけて、新聞がリズミカルに舞う様子を楽しみました。

 

自由にちぎって、ゆき遊び。

新聞紙が多い方がダイナミックになるので、スタッフが事前にたくさん新聞紙をちぎって準備しました。

子どもたちも、小さな手で一生懸命、ちぎっています。

ダイナミックに破く子、内職のように小さくちぎる子、細長い線のようにちぎる子・・・。

ちぎる様子も個性が出ていて、

「うちの子、意外と几帳面なのかしら?

「女の子だけど、大胆にちぎるのね。」

などと、おうちとは違った我が子の新しい一面をみた方もいました。

集団活動の中では、このように、新たな発見や成長がみられます。

それも、幼児クラブの楽しみの1つですね。

 

3歳児つき組さんははさみを使って、少し難しい新聞での制作を行いました。

どんどんのびる、不思議な棒を作って楽しみました。

 

最後は、みんなで新聞をたくさん持って、

「いちにのさ~ん」

ヒラヒラ落ちてくる新聞に大はしゃぎ。

こんなに、ダイナミックな遊びができるのも集団活動ならではですね。

はじけるような笑顔が印象的でした。

  保育士 反町 瑞香(5)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー