戸塚児童センター あすぱる幼児クラブ
「小麦粉粘土」
10月3日(月) さくらんぼ組34組72名 みかん組22組48名
5日(水) もも組26組59名 りんご組25組56名
6日(木) つき組10組21名

芸術の秋ですね!
今回は、小麦粉粘土を使って、造形あそびを楽しみました。
粘土遊びが好きな子が多いようで、
「今日は、とても楽しみにしていました。」
とおっしゃるお母様がたくさんいらっしゃいました。

早速、粘土を作り始めます。
ボールに小麦粉をいれたら、好きな色の食紅を入れます。
「何色にしようかな?」
みんな、うれしそうに好きな色の食紅を選んでいきます。

 

CIMG0680CIMG0698

 

その後、水を加えていきます。
小麦粉粘土は、水の量が適切かどうかが重要です。
「水が多いと、ベタベタしてまとりまにくくなるので、少しずつお水をいれて下さいね。」
と声をかけました。
おかあさんたちは、慎重にお水を加えていきます。

 

CIMG0671

 

お水をいれて、こねて、お水をいれて、こねて・・・。
「けっこう、力がいるんですね。」
お母さん、お子さんのために、がんばってこねてくれました。
だんだん、粘土がまとまってきましたよ~。

 

CIMG0635

まとまった粘土で思い思いに作品を作ります。
おだんご、へび、ドーナツ・・・。

 

CIMG0676

 

違う色を作ったお友だちと、粘土を交換するように声をかけました。
「はい、どうぞ。」
お友だちと、上手に交換できています。
こんな一幕にも子どもたちの成長を感じることができます。

 

CIMG0658CIMG0693

 

交換した粘土を使って、カラフルな作品がたくさんできあがりましたよ。

 

CIMG0695CIMG0678

 

CIMG0708CIMG0712

 

子どもたちの集中力は、とぎれることがなく、

「おかたづけですよ。」
と、声をかけるのが、忍びないほどでした。
続きは、おうちで遊ぼうね!

「簡単にできるので、おうちでも作ってみます。」
と言うお母さんがいらっしゃいました。
こんなふうに、幼児クラブでの活動が、家庭での遊びにつながっていくとスタッフもうれしく感じます。

保育士 反町 瑞香(6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー