~10月の活動報告 1・2・3~
1「小麦粉粘土」
10月2日(月) さくらんぼ組31組71名 みかん組33組81名

4日(水) つき組5組12名

5日(木) もも組30組63名 りんご組25組56名

「芸術の秋」ですね。
幼児クラブでも、小さな芸術家のみんなが素敵な作品をたくさん作りましたよ。
まずは、小麦粉に水と食紅をいれて、コネコネ。
水の量が多いとうまくまとまらないので、慎重に水を入れてこねていきます。


力加減も難しく、なかなか根気のいる作業です。その分、小麦粉粘土が出来上がったときの喜びは大きく、
「みてみて。上手にできたよ。」
と、あちらこちらから、声が聞こえてきました。


違う色の粘土を作ったお友達と交換して、作品作り。


個性豊かな作品がたくさん出来上がりました。


※館内に小麦粉粘土をやることを告知し、終わったあとは、ていねいな水拭き等、

小麦アレルギーの方への細心の注意を払いました。

 

2「作って食べよう」
10月16日(月) さくらんぼ組29組62名 みかん組28組65名

18日(水) つき組7組18名

19日(木)もも組21組50名 りんご組31組68名
食欲の秋…ということで、秋の味覚、さつまいもの茶巾作りを行いました。
朝から、たくさんのおいもを茹でていたので、館内は、なんだかいい匂い。

まずは、さつまいもが出てくる「やきいもグーチーパー」のパネルシアターをみました。

気分が盛り上がったところで、調理開始。


茹でたてのお芋を、ジップロックの中にいれてつぶし、豆乳を混ぜて、絞り出し、形を整えます。


おいしそうな茶巾が出来上がりました。


「いただきます。」
おいしそうに、食べるかわいい笑顔が印象的でした。
後日、
「おうちでも、何回も作って食べました。」
という、うれしい声も聞くことができました。

 

3「ハロウィンの衣装を作ろう」
10月23日(月) さくらんぼ組18組42名 みかん組22組52名

25日(水) つき組5組12名

26(木) もも組32組70名 りんご組33組73名
ハロウィンも、ここ数年、どんどん華やかになってきましたね。
幼児クラブでは;ポリ袋を使って、衣装作りを行いました。


かわいい我が子のために、保護者の方は、思い思いの工夫を凝らして下さいました。

   
愛情のこもった手作り衣装を着た子どもたち。

  

「トリック・オア・トリート」
といって、お菓子を手にすると、笑顔全開!
楽しいハロウィンパーティーになりました!

幼児クラブでは、このように、季節感を大切にしています。
四季のある日本での子育て。
親子で季節の行事を楽しむお手伝いができたらと思っています。

保育士 反町 瑞香(6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー