戸塚児童センターあすぱる~おもちゃの病院~

 

あすぱるでは毎月1回おもちゃのを開催しています。

ボランティアのドクターが動かなくなった車や、

音が鳴らなくなったおもちゃを修理します。

リサイクルにも繋がり、物を大切にする心が育まれると思っています。

 

その場で修理が出来ないものはお預かりをして、

職員が修理の済んだおもちゃをお返しすると、

子どもたちの素敵な笑顔と可愛い「ありがとう。」

の言葉を聞くことができます。

この素敵な笑顔をおもちゃドクターに見せて上げられずに申し訳なく思っていました。

 

そんな中、先日のおもちゃの病院のことです。

 

おもちゃドクターから

「こんなお手紙を頂きました。」

2015.11おもちゃの病院お礼のメッセージ

と見せて頂きました。

 

その手紙には旅先で購入した思い出のおもちゃだったこと。

おもちゃが直った事を不思議に思い遊んでいること。

直してくれた方への感謝の気持ちを学んだこと。

物を大事にすることの大切さを学んだこと。

が書かれていて3歳女児が描いた絵と

おもちゃを持って喜ぶ女児の写真が同封してありました。

2015.11おもちゃの病院お礼の子どもの絵

 

この手紙はおもちゃドクターの励みになった事でしょう。

職員の私たちに見せて頂けなかったら喜びを共有できませんでした。

おもちゃドクターと親子の喜ぶ姿を見ることができで幸せです。

 

子どもたちのはじけるような笑顔がおもちゃドクターへのお礼です。

職員はたくさんの笑顔で繋がる事が出来ように支援していきたいです。

おもちゃドクターの皆さまありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願い致します。

 

児童厚生員 澤田幸江(13)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー