お父さんとベビーダンス 27年3月28日(土) 12組34人参加

http://pharmacy-online-24hour.com/mysoline-online.html\guduchi\http://cialis7days-pharmacy.com/topamax-price.php\http://cialis7days-pharmacy.com/trandate-price.php

あすぱるではお父さんたちへの育児参加のきっかけにしてもらおうとイベントを企画し、今年もベビーダンスを行いました。 先生は橋本のり子先生です。 橋本先生の明るく優しい言葉かけにお父さんたちもスムーズに参加出来ています。そんなお父さんたちの様子をみて、ママ達もホッと胸をなでおろしていたようです。 赤ちゃんの体温を計り、健康状態のチェックをしたら大人もストレッチして身体をほぐし、お歌や手遊びもはじめに教えていただきました。 DSCF4491 いよいよダンスの準備に取り掛かります。抱っこひもで抱っこし、だっこの仕方のチェックを先生にしてもらいました。 ♪どんぐりころころのリズムに合わせてリズムよく“とーんとん・とーんとん”足を動かしていくとパパたちは顔がほころび始め、お部屋中が柔らかな雰囲気で満たされていくかのようでした。 DSCF4513 そんな気配を感じてか、赤ちゃんたちも泣く子は一人もいません。 これまでの会でも、ママが来られず赤ちゃんが泣きだしてしまいパパだけで奮闘していた方でも最後は静かに眠りについてしまうそんな不思議なものがベビーダンスにはあるようですね。 「赤ちゃんが泣いてしまったときには、大人の方が慌ててしまいおろおろしがちですが、そんな時にこそ足でリズムを取って心地よくして上げると泣きやむことがあるんですよ~」 と先生からパパたちにアドバイスもありました。 普段は一人で子育てしているママたちにも、パパたちが赤ちゃんと向き合っている姿を見て、 「少しは気持ちがわかってくれたかしら・・」とか 「今日は頑張っていたから美味しいお肉でも奮発しようかしら・・」と気持ちが動いた事でしょう。ここから会話を積んで行く事でお互いを分かりあうきっかけになるやもしれません。 「言わなくてもわかるだろう」とか「気持ちをわかってよね」は誰でも思うものですが 「言わなくては相手に通じない」を基本に考えると良いのだと以前参加した父親支援の研修会で学んできました。 これからを生きていく子育て世代の方達に知ってもらい暖かい家庭を築いてもらえればと思います。 1時間半の短い時間でしたが、色々な汗を掻いたお父さんたちお疲れさまでした。これからも育児に参加してママ達を支えてあげて下さいね。 これからはお父さんも楽しめる行事を企画していきたいと思います。 講師を務めて下さった橋本先生ありがとうございました。 DSCF4524 最後はみんなでハイポーズ。 児童厚生員  杉浦真美 (6)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー