戸塚児童センターあすぱる~高校生ふれあい授業~

日時:11月21日 14時~15時30分

場所:埼玉県立川口北高等学校

南小あすぱるエコクラブ活動の一環として川口北高等学校生物部の生徒さんと交流して4年になりました。

あすぱるに来ていただき、自然観察会に参加していただいたり、

2年目からは高校生企画によるふれあい授業を実施して、

木の実の模型を作りや生物ゲームをして、小学生と楽しくふれあいました。

エコクラブにはジュニアリーダーとして活躍する中学生もいて、

小学生の憧れのお兄さん、お姉さんになっているので、

高校生とのふれあいが憧れのお兄さん、お姉さんとの

出会いの場になるようにと企画しました。

回を重ねて、今回は川口北高等学校を訪問する事が出来ました。

プラカードを持った生物部の皆さんと一緒に

教頭先生、生物の先生もお出迎えしてくださいました。

動物の着ぐるみ衣装の生徒さんを見た子どもたちはテンションが上がります。

生物室に到着するまでも子どもたちは

「わーすごいー。」

「こりゃなんだー。」

と見る物、見る物を喜び、興味を示します。

興奮したまま生物室に到着すると

 1

はじめに全員の自己紹介。

好きな動物を発表です。

ホワイトタイガー、レッサーパンダ、ヒヨコ、カワウソ、トカゲ、ハ虫類、イヌ、ネコなど

参加の子どもたちからもマニアックな生き物が上がりました。

担当を決めて授業の準備をして下さったようで、1グループ目は

生物室内の生き物と植物を紹介です。

 2

3

子どもたちは初めて見るいきものに歓声を上げて大喜び。

メキシコキサラマンダ―

4

プロトプテルス・アンフィビウス

6

ウナギ

5

イソギンチャク

サンゴ

ハツカネズミ

などの説明を聞いて、触れ合ったり、顕微鏡観察をさせていただきました。

生物に詳しい子どもたちはお兄さん、お姉さんたちとの話しに興味深々。

話しが尽きないようでしたが、次に子どもたちの好きな実験です。

フルーツで電池を作りました。

7

用意いしたフルーツは電気が作れるかどうかを予想しました。

8

子どもたちは好きなフルーツ、野菜を選んで、実験に入ります。

9

電気ができると素敵な歌が聞こえてきます。

「できた。できた。歌がきこえた。」

と大はしゃぎ!

レモン、トマト、ニンジン、ダイコン、次々に歌が流れます。

「ダイコンも電気作るの?」

驚きの声です。

なんと牛乳からも歌が聞こえました。

これには高校生も不思議顔?

実の前日、ミルクティーで実験した時には電気を作らなかったそうです。

牛乳も電気を作ることが出来ないと予想をして準備。

高校生は予想と違った不思議を小学生に丁寧に説明してくれました。

フルーツや野菜から電気を作ることができることを知った小学生は大喜びです。

中学生は、

「濃度勾配(濃度の違い)をつけたクエン酸溶液で音の大きさを比較したり、

野菜でも電気が通ることに驚き、来てよかった。」

と担当の井口先生に話していたそうです。

最後は生き物〇×クイズです。

 10

問題:タカハシガニの生息地は日本だけである?

〇と答えた子どもたちが多かったですが、台湾にもいるそうです。

問題:カラストンビはから水路のトンビである?

カラストンビはイカの口です。知らなかった子どもが多かったです。

11

問題:ばばあという魚はいるか?

「『じじい』と言う魚はいるんだけどな?『ばばあ』はいるかな。」

と考える子どもたち。

など楽しいクイズが大盛り上がり。

あすぱるについてからも興奮したまま遊んで帰りました。

井口先生から

「子ども達は、新しいことを知ったり触れ合ったりすることが

大好きで、そんな姿勢に救われた感覚でした。」

「今日の反省会では、高校生は企画して実施するのは大変なことだと実感したそうです。今後もこのような機会を設けられると嬉しいです。」

とメールを頂きました。

エコクラブサポーターの菊次先生は

「学校に行かせて頂いて良かったですね。子どもたちの夢に繋がりますよね。」

と話されていました。

私はあすぱるに来て頂いた時より、

ホームの生物室での授業は、生徒さんが生き生きと活躍しているように見えました。

ホームでの活躍を見ることが出来て良かったです。

南小・あすぱるエコクラブクラブから始まった“あこがれスパイラル”を繋げて

地域の方と一緒に次世代の地域リーダーを育んで行こうと思います。

協力してくださった井口先生、生物部の皆さん、

大変な準備をして迎えて頂き本当にありがとうございました。

送迎に協力して頂いた保護者の皆様、参加の皆様、お疲れ様でした。

今後も小・中学生と高校生のふれあいの場を作っていこうと思っています。

引き続き、ご協力をよろしくお願い致します。

児童厚生員  澤田幸江(14)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー