平成27年12月14日(月)

「こんにちは。」
いつものように入ってきた小学3年生D君が折紙で出来たクリスマスリースを見て、
「クリスマスツリーなら出来るよ。折り紙4枚使ってつくるんだよ。」
と声をかけてくれました。

「4枚使うツリーってこれのことかな?」
手作りクリスマス飾りのコーナーの折り紙見本を一緒に見てみると、
「同じのはないよ」
とD君。

「そうなの!?江崎さんの知らない折り方かもしれないね、どんな風につくるの?」
と尋ねると、パッと表情が明るくなり
「4枚重ねてつくるんだよ。」
と説明してくれました。

「教えてもらえるかな~?」
とお願いしてみると、
「うん!いいよ。」
照れながらもニコニコ(^-^)

(ス)「ありがとう!折り紙は何色が必要ですか?」
(D君)「緑2枚と赤2枚。あ、黄色も使うんだった!」
そんなやりとりをしていると、2年生の女の子2人組が、
「何をするの?」
と興味深げに声をかけてくれました。

「D君にクリスマスツリーのつくり方を教えてもらうのよ^_^一緒にどう?」
とお返事をすると2人は顔を見合わせて、
「うん!やりたい!!」

「D君、一緒にいいかな?」
と聞くと、
「うん、いいよ。」
と照れ笑い(^_^)
通常の日は折紙は1人1日2枚までですが、
せっかくなので今日は特別に『D君のプチ折り紙教室☆』

交流コーナーのテーブル席に座り、始めようとしたところ、
3年生の女の子も
「一緒にいい?」
とやって来ました。
「はい!どうぞ~♪」

みんなが折り紙を手にしたところでD君が、
「最初に赤と緑の4枚を重ねて半分に折って、それで、、あ!ハサミとのりも使うんだった」
「はーい!ハサミとのりね^_^」
ハサミを手渡すと、折り紙の輪を中心にツリーの縦半分の形にチョキチョキチョキ♪

「D君早いね~」
とみんなに声をかけると、
D君が、
「10個作って学校に置いてあるんだよ。」
ちょっぴり誇らしげに話してくれました^_^
みんなはD君の手元をじーっとくい入るように見つめながら、
「うん、置いてある!」
「うん、あったね。」
だんだんと打ち解けて和やかな雰囲気に♪

「赤と緑半分貼ってまた赤と緑と交互に半分ずつ全部貼ると立つんだよ」
「最後に黄色を星の形に切って上に付けると完成だよ。」
みんなの前で実演してくれました。

「わ~、簡単なのにとっても素敵だね☆」
「本当だね~」
みんなの反応にD君またまた照れ笑い(^_^)

みんなも取りかかり始めると、
「一緒に座っていい?」
「何をしているの?」
いろんな子が声をかけてくれました^_^

途中から5年生のT君も加わり、異年齢交流の輪が出来ました♪♪

「こんなんなっちゃった~」
「それもオブジェみたいでカッコいいね^_^」
「そうかな?」
「飾りも作っていい?」
「どんな形にしようかな?」
「雪の結晶ってどんな形だっけ?」
などなど、みんなの想像のつぼみが膨らんで花いっぱい広がっているようでした☆
こんな時の子どもたちの心も大切に育んでいきたいな~と
実感させてもらえたひとときでした。。

出来あがったツリーはウィンターパーティの飾りにと置いていってくれました。
DSCF9114
D君、みんなも素敵な時間をありがとう!
また一緒に遊びましょうね。

地域のお友だちがたくさん遊びに来てくれることをスタッフ一同お待ちしています!!

児童厚生員 江崎 雅子(8)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー