7月24日(木) 10:00~12:00
参加人数 小学生15人 講師2人

2回目の絵画教室。本日のテーマは、「よくみて描こう」です。

「何をよくみて描くのかな?」

と興味津々の子どもたち。

今日は、お友達と2人組になって「お友達の顔」を描きます。

モデル役のお友達は、じぃ~っとみられて、恥ずかしそう…。

DSCF9857

でも、人の顔ってよくみると、本当に1人1人違うんですよね。

こうして、じっくり向き合うことで、

当たり前だと思っていたことの中に、

新鮮な発見をした子どもたちも多かったのではないでしょうか?
その証拠に、どの絵もすごく相手の特徴をとらえて描けているんです。

DSCF9860

えんぴつの下書きが終わったら、次は、色ぬりです。

クレヨンや絵の具の肌色を使って塗ってしまうと、

せっかくの絵に個性がなくなってしまうそうです。

黄色、ピンク、白を合わせていくと、本当に人間の肌の色に近くなっていって、

「ほんとだ~」

「肌色っぽくなった。」

と驚きながら、色をぬっていました。
DSCF9867

2時間の絵画教室も、あっという間におしまいの時間です。

できあがった作品を前に出て発表し、先生に講評していただきます。

今回は、モデルのお友達も一緒に前に出て、

「似ていると思います。」

「洋服の模様まで描いてくれてすごいと思います。」

などなど、描いてもらった感想を話してくれました。

先生からは、一枚一枚

「特徴をとらえて描いているのがいい。」

「背景に工夫があっていい。」

「髪の毛の色に濃淡をつけているのがいい。」

等々、ていねいに講評していただきました。

DSCF9879

「上手く描くという考えをやめ、特徴・個性をとらえることが大切。」

というお話を伺いました。

大人になるにつれて、「うまく描く」ことにこだわってしまいますが、

のびのび描くこと、自由に描くことで、その子の「個性」が作品に出るんですね。

3回目は、その個性を生かして、「すごい」作品を描くそうです。

どんな作品ができあがるか楽しみですね。

反町 瑞香(9)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー