7月から始まり3月まで18回予定していた親子ふれあいランドが、無事終了しました。

今年は新型コロナという前代未聞の出来事に定員・回数を減らし、

カリキュラムを大幅に変更し、ソーシャルディスタンスを保つため、

極力お友だちとのふれあいを減らし、大きな声は出さず・・・、

という楽しみが半分になってしまうかと思いながら行った親子ふれあいランドですが、中でも皆さん通ってきてくださって、楽しんでくださいました。

1月~3月までの様子を報告したいと思います。

1月

”お正月遊び”

毎年恒例の新春カルタとりは、お友だちとの距離が近くなってしまうため中止

こまつくりをしました。

マジックで色を塗りカラフルなコマを作り、クルクルと回しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月

“おにはそと ふくはうち”

鬼に勇敢に向かって行き、豆シールを鬼に張り付けたり、豆(新聞紙)を投げたりしておに退治をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“おみせやさんごっこ”

それぞれ3〜5点持ちより、物々交換形式にしました。

お店に品物をならべて、お店を作ります。

「いらっしゃいませ」をみんなで練習したあと

交代でお客さんになったり、お店屋さんになったり・・・。

後々のアンケートでは、

「子どもがとても喜んでいました。楽しかったです。家でもお店屋さんごっこの続きをしました」

等人気の上位に上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ママがリーダー”

まさしくママ達にカリキュラムを考え進行していただくのですが、

どのクラスもママ達が力を合わせ、お子さんたちのために企画してくださいました。

自分の子の好きな絵本をそれぞれのママが、読み聞かせをして下さったAクラス

運動遊びを行い、お楽しみプレゼントを考えてくださったBクラス

しっぽ取りゲームとだるまさんがころんだ、のゲームを企画してくださったⅮクラス

と、子ども達が喜びそうなものを考えて子ども達を楽しませて下さいました。

タッフも楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、修了式

3月1日ほっぷA・B  3月4日ほっぷD

初めの頃は、お母さんから離れなかった子、部屋から出て行ってしまった子もいましたが、今ではお母さんから離れ、元気に集団行動ができるようになりました。

修了証書授与では、お母さんから離れてほぼ全員の子が所長さんからの証書を受け取ることが出来、その様子にスタッフも目頭が熱くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月からはそれぞれの道に進みます。

頑張って欲しいとともに、時には芝児童センターに遊びに来て欲しいと思います。

スタッフ一同お待ちしています♪

 

芝児童センター 保育士 中村葉子 (1)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー