<日にち>

10月26日(日)

<時間・参加人数>

①14時~幼児9名・小学生1名・大人10名

②15時~幼児1名・小学生6名・大人4名

③16時~小学生9名大人1名

今年も毎年恒例になりつつあるハロウィン仮装パレードの

季節がやってきました。去年参加した子は

「今年もやる?」

と10月になってすぐセンターだよりをチェック!

子ども達にとって1年に1度の楽しみになっているのを感じました。

仮装パレードの日が近づくと聞こえてきた

「申し込んだけど仮装の道具もってないよ」

そんな子どもの一言から毎年仮装作りの材料を用意してます。

工作教室ではなく思い思いの仮装を作ります。

パレードだけではなく学校で使う仮装を作る子もいました。

ビニール袋や画用紙の新聞紙を使ってマントや仮面、

鎌を作ります。

「ドラキュラになる!」

「黒いマントつくろう!」

と自由に仮装を作ります。

気が早い子は口から血(テープで作成)を出して

「血をくれー!!うまそうだなぁ」

とスタッフを襲います! 逃げながら

「ニンニクだぞ!」

と撃退しようとすると、

仲間の魔女が魔法でニンニクを消してしまうのでスタッフは大ピンチ!!

そんなハロウィン気分いっぱいの彼女たちに前日の店舗への

お菓子配りのお手伝いを頼みました。

最初は恥ずかしがり、スタッフの後ろに隠れていた彼女たち。

スタッフが

「次は自分達で渡してみる?」

と言うと

「次はよく見て、次の次にやってみる!」

と4年生のMちゃん。

「明日よろしくお願いします」

と店舗の方にお菓子を渡します。

「こちらこそ、よろしくね」

と優しいお言葉を頂き、子ども達は嬉しそうな表情を見せてくれました。

今年のハロウィン仮装パレードは三回に分かれて実施します。

出発前にはハロウィンのお話。

ハロウィンってどんな日か?

なぜハロウィンに仮装をするのか?

ただお菓子をもらう楽しいイベントに意味があることを伝えました。

そして大事な合言葉は英語でチャレンジ!

「トリック  オア トリート」

を練習します。

また、お忙しい中ご協力していただく店舗の方に

感謝の気持ちを忘れないように話します。

さあ、仮装パレードの開始です!

第一グループは幼児さんグループ!

日曜日に開催ということでお父さんの参加もありました。

幼児さんには難しい合言葉。

ママやパパと一緒にチャレンジ!歩きながら練習する声も聞こえます。

ママたちと手をつないで歩く可愛らしい仮装に笑顔がこぼれます。。

そんな中

「いつも手をつなぐの嫌がるのに。。毎日ハロウィンだといいな」

なんてママの呟きが聞こえました。

DSC02316

 

 

 

 

 

 

 

DSC02329

 

 

 

 

 

 

 
合言葉はちょっと難しいけど、お菓子をもらってからの

「ありがとう」

はきちんと言えました!

第二グループと第三グループは小学生!

可愛いドレス風な仮装や、怖いドラキュラや死神。。

個性豊かな仮装が揃います。

IMG_7016

IMG_6941

 

 

 

 

 

 

IMG_6973

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子が嬉しくてついつい合言葉より手が出てしまう小学生。。

 

IMG_6975

 

 

 

 

 

 

 

店員さんに

「合言葉は?」

と言われると

「はっ!」

と思い出します。

でもお礼はきちんと伝えます。

店舗をまわるにつれ最後にスタッフが

「せーの」

と言うだけで

「ありがとうございました」

と大きな声で言えるようになりました。

また、小学6年生のRくんが知り合ったばかりの幼児Rくん

の手を握り歩く姿が印象的でした。

店舗の方も

手作りのハロウィン風ドアを作ってくれたり。。

児童センター利用者でもあるお孫さんと一緒に渡してくれたり。。

娘さんや近所の方と大勢で迎えてくれたり。。

防災ネットワークさんは車椅子に座る人形が迎えてくれました。

パレードを見かけたとご自宅からお菓子をもって

駆けつけてくれた方もいらっしゃいました。

 

DSC02315

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん温かく、そして楽しく迎えてくださいました。

仮装パレード終了後、参加した子どもたちにこのイベントの

もうひとつの意味を話しました。

「なにか怖いことがあったとき、困ったことがあったとき、助けてって言う

の勇気がいるよね。でも顔を知っているとその勇気がでるかな?

みんなが安心して遊べるように、地域の人との繋がりを大事にしましょう」

協力していただいた商店会は児童センターの子どもたちが

よく通る道であり、利用するお店です。

イベントを通して地域の方との繋がることが大切だと、

最後に子どもたちに伝えました。

実は、ハロウィンのご挨拶に回ったとき、

今年もご協力いただけるか、ご迷惑おかけしているだけでは?と

ドキドキして店舗にお伺いしました。すると

「いつ来るのかと待ってたよ」

「今年もやるのね!楽しみにしてたよ」

「お店もハロウィン風に飾ったよ」

との言葉に、数年前は知らない顔だったのに。。と嬉しく思いました。

3年前の3箇所から、去年は9箇所、今年は11箇所と

ご協力していただく店舗の数も広がっています。

快く受けてくださった芝本町通り商店会の方には

感謝の気持ちでいっぱいです。

お忙しいなかご協力していただき、ありがとうございました。

参加した子どもたちは

「楽しかったー」

「ちょっと恥ずかしかったけど、お菓子もらえて良かった!」

と大喜びです。子どもたちの楽しかった!

という感謝の気持ちを写真と共に改めてご挨拶に伺いたいと思います。

 

児童厚生員   上田真奈美(8)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー