5/16日(土)10:30~11:30までふれあい卓球が行われました。

最近芝では卓球がブームであり、参加者も増えてきています。

IMG_0112

今回のふれあい卓球では、二人のボランティアの方に手伝っていただきました。

いつも来てくださるボランティアの方がボールを寄付してくださいました。

その数なんと50個以上ありました。

普段の卓球では、ボールは一台につき一個ですが

せっかくの機会なので、全て使って行いました。

子どもたちも見たことのないボールの多さに

「こんなに使うの!?」

と驚いた様子でした。

今回は卓球台を3台出して行いました。

一番目と二番目の台では高学年の卓球が得意な子どもが真剣勝負。

白熱したレベルの高い試合が繰り広げられていました。

IMG_0105

その表情も真剣そのものでしたが、

予想外のナイスプレーにはそんな表情もゆるみ

「今のすごい!」

と称賛の声も聞こえてきました。

三番目の台では苦手だけど卓球が大好きな子どもが集まりました。

IMG_0100

4~6人の子どもたちが一列に並び、一球打ったら列の最後に移動するという形式をとりました。

三番目の台ではいただいたボールを最大限使いました。

ボールもすぐには拾わず、間髪いれずに球を送りました。

どんどん来るボールのせいで順番は徐々にめちゃくちゃに。

「次は誰!?」

IMG_0101  IMG_0096

と子ども同士で笑顔で話し合う姿が見られました。

卓球台の無いスペースでは幼児さんが

平均台をネットに思い思いに打っていました。

お母さんの投げるボールがなかなか当たらないようでしたが、

空振りしてもとても楽しそうに。当たった時はとても嬉しそうでした。

そして、ボールが多い今回ならではの取り組みはボールを拾いです。

ボールを拾ってというスタッフの掛け声とともに、ボールを拾い始めました。

「こんなに拾ったよ!」

と腕いっぱいに抱えて見せてくれる子どもや、

腕いっぱいに抱えた多くのボールを一斉に散らす子どもの姿がありました。

散らしたボールの落ちる音に、この日のふれあい卓球最大の盛り上がり。

四方八方に飛んでいったボールを、またみんなで集めては散らして遊びました。

こうしてこの日のふれあい卓球は幕を閉じました。

普段のふれあい卓球とは違う取り組みに、子どもたちにはみんな

「楽しかった!」

という声がたくさん聞こえました。

今回のふれあい卓球では、ボランティアの方々のおかげでもあって

成功できたと思います。

ふれあい卓球に限らず、こうした地域の方と子どもがふれあえる場がもっと

増えていけばいいなと思います。

そして、そうした方々から様々な影響を受け、興味を広げていければと思います。

これからも、ふれあいの名前にたがわぬように、楽しく卓球と

ふれあえるように考えていきたいと思いました。

 

田代 淳也 (2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー