2月24日(土)   幼児2名 小学生8名

今月のまっちゃん工作は貝がらで作るおひなさまです。

 

工作大好き!なメンバーたち。

年長さんのKくんは午前中、鳩ヶ谷こども館でもおひなさまの工作に参加してきたそうです。

まっちゃんこと松井さんから、貝がらが配られるとみんなわくわく。

 

 

松井さんが、

「おだいりさまが男の人で、おひなさまが女の人です。どちらから作りますか?」

と聞くと、女の子たちが

「男の子からやるー!」

との声。1年生のAくんが

「女の子・・・」

と言いかけましたが、女子の声に押されてしまったようで・・・おだいりさまからスタートです!

 

顔や髪、着物になる布はそれぞれの大きさに切ってあって、両面テープで貼れるようになっています。

 

顔の部分に白い布を貼ったら、着物の衿を貼っていきます。

 

「みんなから見て左側から貼ります。次に右側が上になるように、重なるように貼って下さい。」

と松井さんが、衿の合わせが逆にならないないように教えてくれます。

 

 

おだいりさま、おひなさまとお着物を着せて、貝がらがだんだんとひな人形らしくなってきました。

 

髪の部分になる黒い布を、おひなさまは長く、おだいりさまは短く貼っていくとひな人形の部分が完成です。

 

台紙に貝のひな人形を並べて貼り、和紙の桜で飾るのですが、さくらも色々な柄があり、

「どれにしようかな。」

「5枚だよね?」

と、みんな真剣。

飾る位置もめいめいに考え、個性的なひな飾りが出来上がりました。

出来上がりをみて、子ども達は、

「かわいい~。目とか書いちゃだめかな。」

「どこに飾ろう!」

と作品を見る目がキラキラ。

 

 

お母さん達からは、

「いつも、次は何かな~って楽しみにしてます!」

と感想をいただきました。

 

3月の牛乳パックで作る小物入れです。

詳しくは3月のセンター便りをご覧ください。

 

中西 奈津枝(2)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー