日時:1月17日(日)14:00~15:00

参加人数:小学生7人

 

今年は暖冬とはいえ、時折寒くなると寒さが身にしみるこの頃はマフラーが

欲しくなります。

「自分1人で1つの作品を完成させて、喜びを味わいましょう」

と思い、マフラー作りを企画しました。

14:00 開始

今回は全員女の子で小学2年生3名、4年生3名、6年生1名の参加です。

その中には前回も参加した子が3名おり、聞いてみると3人とも前回は

お母さんやおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントをしたということで

「きょうはじぶんのぶんをつくる」

と張り切っていました。お母さんも2人見学に来られました。

 

今回は行事が重なったこともありましたが、編み物は場所をとらず、

そして慣れてくると話しながらでも出来るので前回の机と

イス方式ではなくじゅうたんの上で座って行う方式にしました。

それぞれ持ってきた毛糸をひざの上に置いてもらうと・・・

1色の毛糸の子もあれば、色が合わさっている毛糸の子まで、きれいな毛糸が並びます。

毛糸の種類の説明をすると、

「色々な種類と色があるんだね~」

感心し、各自用意した毛糸を見せあい、色、種類

(並太、極太)の違いグラムの違いにびっくりしていました。

 

それでは編みに入ります。

各自に編み機を配りました。(ガムテープの芯に割り箸を7本つけた手作りの機械)

 

「1段と2段を互い違いにかけて3段からリリアン式に指で糸をかけていきます。」

編み方の説明をして開始です。

 

最初は糸が絡んだり、段を飛ばしてしまい何度かやり直しを繰り返しましたが、

 

だんだん慣れてくると自分のペースが出来て、編むことが出来るようになってきました。

DSC04602

じゅうたんの上で座って行っているため、お互いの距離感が近く、

慣れてくるとだんだんと話が弾むようになって来ました。

後半になると

「手が痛くなってきた」

「足がしびれた~」

などの声がだんだんと聞こえてくるようになりました。

15:00 終了

今回は1時間の設定で、短かったこともあり、仕上がる子どもがいなかったので

家で続きをやってもらうことにしました。

「今日は終わりにして、宿題にします」

というと

「痛い~」

とか

「疲れた~」

と言っていた子達が急に

「まだ編みたい」

という場面もありました。

後日仕上げと、ぽんぽん作りをします。

24日

宿題が出来上がった小学2年生のKちゃんが来ました。

スタッフ一緒にマフラーの仕上げとポンポン作りをして、出来上がったマフラーと一緒に

ポーズをとり

「はい!ポーズ」

と記念撮影です。

 

IMG_0098

IMG_0095

まだ作りたいとのことなので編み機を貸し出すことにしました。

 

普段折り紙が得意で、よく細かいものを折っているYちゃんはマフラーを2本編んできました。

Yちゃんから

「鍵棒編みもやってみたい」

というリクエストもありましたので今後棒編み教室もできたら・・・と思います。

 

どんな宿題が出来たか、他の子も来るのも楽しみに待っています。

 

保育者 三上恵子 (1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー