12月26日(金)13:30~15:00 エコ工作「ストロー飛行機」作りを行いました。 参加者は、幼児2名、小学生15名、の計17名。そして、お手伝い頂いた保護者の方3名で行いました。   自分たちで試作を繰り返しながら、一番飛ぶものを研究してもらおうという事で今回の工作に取り組みました。   申込者の多くが男の子。ちょっと賑やかな様子。 簡単にできる工作という事で、質問から入りました。   『そのままのストローを投げるとどうなると思いますか?』 と子どもたちに投げ掛けます。 「ちょっとしか飛ばないよ。」 の声が多く上がりました。 子どもたちの予想通り、ちょっと進んだところでストローは落ちてしまいます。     『みなさんの予想通りでしたね。それでは‥今回作るものの登場です!』 見本を紹介すると、子どもたちは「?」の表情。 それもそのはず。ただのストローと違う点は、画用紙で作った2つのわっかのみ。 「かっこわるい」 「それじゃあ飛ばないよ」 色々な声が上がりますが、 『飛ばしてみるからね。よーく見ててね…!』 飛ばしてみると…   「えぇー!!?」 まっすぐ壁に向かい、さっきの何倍も飛ぶではありませんか!   子どもたちの目の色が変わったのが、はっきりと分かりました。     それでは作っていきますので、テーブル中で一人が材料を取りに来て下さい。 最初はみんなで同じものを一緒に作っていきます。 IMG_7986   今回は、「長さを測る」ということが工作のポイントとなるので、 『ストローの長さは何センチメートルですか?』 と測ってもらったり、 『10センチメートルで切って下さい。』 という形での指示を出したりしました。 『端っこを0に合わせるんだよ』 低学年の子が多いため、基本も大切に。 そして測ったものを一つ一つ記録していきます。   IMG_7950 IMG_7949 4年生のお兄さんが1年生の女の子に優しく教えていますね。   一人「難しくてやりたくない…」とすねてしまった子がいました。 友達がいくら、「簡単だよ」「やろうよ」と声をかけても、動きません。 まさかこの子が最後に…。       画用紙を指定の大きさに切って、 切ったものをセロテープで貼って、 輪っかにしてセロテープで留める。

http://clomidgeneric-online24.com/propecia-pills-generic.phphttp://clomidgeneric-online24.com/female-viagra-pills-generic.php

これだけで完成なのです!   さっそく投げたいですよね? ここでもう一つ、投げ方講座の開設です! IMG_7969 IMG_7972 『腕を前に出して、肘を曲げ、手のひらをむこうに…』 と投げ方を伝えていると、ある子が 「ねこのポーズみたい」 との一言があったので、 『はい。ねこのポーズからにゃーと投げます。』 みんなで猫になりながら、肘から上手に投げられるようになりました。     何回か投げたところで、 『いよいよここからが、本番です!好きな大きさに作ってみて、何度も飛ばしてみて、 一番良く飛ぶストロー飛行機を完成させて下さい!後でチャンピオンを決めたいと思います!』 自由時間になると、さらに飛ばし方を極めようとする子、新たな飛行機の制作に取り掛かる子と分かれていきました。 IMG_7985IMG_7989 製作組では、 「すっごく小さく(大きく)してみたよ」 「ストローも切っていいんだよね?」 皆の頭の中には設計図ができているようです。   スタッフからのヒントも(小声で) 『上に向かってしまう子は前側が軽いのかもしれません。 クリップを上手に使ってください‥』   IMG_7999 IMG_8000   飛行組では、 「ぐるぐる回るー」 「やったぁ!壁までとどいた」 「飛んで一回転?!」 子どもたちの手から投げられる飛行機は、 子どもたちの個性をそのまま映したような動きを見せてくれます。     そして、また試作‥ 出来上がったの2つをくっつけたり、わつなぎのようにしたりと、 予想以上の変化のさせ方に驚かされます。     それでは約束のお時間です!いよいよチャンピオンを決めたいと思います。 ルールの確認 ・着地した地点が記録 ・天井に当たって止まってしまってもやり直しは無し     順番に名前を呼んで競技場に立ちます そして自分のタイミングで飛ばして行きます。 IMG_8005 投げ終わった子に対して自然と拍手が‥!   一発勝負の緊張感の中、見事壁まで届いてチャンピオンに輝いたのは二人! 改めて大きな拍手を!!     チャンピオンの製作したものをみんなで真似します。   「すんごい良く飛ぶ」 「すごーい」 の声に、チャンピオン照れくさそうでした。   これにて今回の工作は終了となります!     「普段はゲームばかりなのでこういう機会はありがたいです。 「楽しく工作が出来ました。楽しかったです。」 お母さん方からもありがたいお言葉を頂きました。 協力頂いた保護者の皆様ありがとうございました!!     ただ単に作るだけでなく、考える余地のある工作となりました。 個人の思考が存分に表現できる機会にもしていきたいと思います!       保育士 宍倉 鉄平(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー