6月23日(月)

今年も芝樋ノ爪小学校1年生が“生活科、学区探検”の授業で

芝児童センターにきました。

児童センターでは     あそびを体験しながら児童センターを紹介します。

運動遊びと工作をやりますが、実はスタッフの方もこの授業は楽しみで

子ども達はなにをやったら喜んでくれるかな?

とわくわくしながら計画を考えました。

 

10時少し前

「おはようございます!」

と27人の元気な声が玄関に響き渡りました

 

まずは体育室に

 

児童センターってどんなところ?

 

のお話を紙芝居形式でみんなに質問してみました

『お休みはいつでしょう?』

「かようび~」

「にちようび~」

『解は火曜日と祭日です』

「え~?さいじつってなに?」

『何歳の子が利用できるでしょう?』

「ちいさなこども!」

自分達もちいさいのに・・・

『どんな遊びがあるでしょう?』

「ドッチボール!」

「パソコン!」

「ひかるやつ(マルチトレーナー)」・・

スタッフの質問に皆目を輝かせて答えます。

 

芝樋ノ爪小(4)

集会室での運動あそびコーナーです

こちらではセンター内でできる運動あそびを紹介していきます

二人組でじゃんけんをします。

負けた方は、その場で少し膝を曲げ、またじゃんけんをします。

負ければ負けるほどだんだん深くなっていき辛くなります。

 

短時間でお手軽な運動でしたがプルプル震えながら

「キツイよー。」

一方では、

「また勝ったー!」

とシンプルな勝負ながら一喜一憂していました。

 

樋ノ爪小学校写真 (1)

続いてはカラフルなタイルの前に移動して、マルチトレーナーの体験です。

「これってなんだろう?」

という顔をしている子もいましたが、何度か遊びに来ている子は

「光ったところをポチって押すんだよね!!」

と、得意気に教えてくれます。

 

スタッフが見本を見せる時から

「あっちだよ!」

「こっちだよ!」

お助けの声が飛び交います。

 

それではみんなにも体験してもらいましょう!

先ほどのペアで一緒に挑戦します。

マルチトレーナーの前に二人が立ちます。

また、その後ろではお友達が固唾を呑んで見守ります。

 

よーい‥スタート!

 

光っているランプを見つけると

一生懸命に二人で同時に押しに行きます。

『見ている人はどんどんお助けの声をかけてね~。』

回数を重ねるにつれて、そのお助けの声にも変化が・・・

「あっち!」

「こっち!」

という、指を指しながらのこそあど言葉から

「みぎ―!」

「うえ―!」

という方向を示す言葉へと変化していったのです!

 

『あっち!と言う時よりも、もっと分かりやすいね。』

と、声をかけるとさらに変化が‥

「かみのけのところ!」

「木のした!」

などの、さらに具体的な声掛けになりました。

樋ノ爪小学校写真 (2)

短い遊びの時間でしたが、その中でも子ども達は成長していることを感じました。

 

 

最後にユニホックのスティックを使って、チャレンジ・ザ・ゲームを行います。

スティックから手を離して、倒れないうちにまたつかむ、一種のバランスゲームです。

最初は一人で。手を離した時に様々なアクションを行います。

手をたたく、3回たたく、1回転する。

説明を聞いているときは

「簡単だよ~」

と言っていた子たちですが、いざ挑戦してみると意外と難しいようでしたが、

楽しんで繰り返していくうちに、コツを掴んでいたようでした。

 

今度はそれをペアで行います!

樋ノ爪小学校写真 (3)

「せーのっ!」

の掛け声で相手のスティックに駆けていきます。

互いの息がピッタリ合わなければできないこの種目ですが、

成功した時は

「やったぁ!」

と共に喜べる達成感と、

失敗した時でも

「もう一回!」

と再チャレンジしたくなる手軽さで、

最後にはみんなが

「できたー!」

となるまで取り組んでいました!!

 

一方

図書室での工作コーナーです

工作タイムでは

くるくるアニメをつくりました。

『アニメってどうやって作るか知っているかな?』

ときくと絵をみながら

「絵をかく!!」

と答える子が多い中

「絵をたくさんかくんだよ」

とひとりの子が答えました。

『今はパソコンで作ることもあるけれど、アニメはたくさんの絵をすばやく動かしています。

今日は2つの絵だけでアニメをつくります』

見本を見せると

「わ~!うごいている!!」

「すごい!!」

と目が釘付けです。

材料を配ってアニメ作りスタート!(材料といっても紙と鉛筆だけで出来ます!)

でも、何をかけばいいのかわからない・・・

 

芝樋ノ爪小(5)

そんな子たちにヒントを出します

『たまごからカメがうまれるとか、なにかが生まれてもいいね、泣いている子が笑うとか・・

花のつぼみがさくとか・・』

 

ヒントをたよりにかきはじめます。

思いついたら子どもたちはあっという間に形にしてしまいます。

 

しばらくすると、スタッフや先生を呼び

「見て!見て!動くよ!!」

「私にも見せて!」

そんな会話が聴こえてきました。

 

終了時間が近づいてきたので、何人かの子にどんな絵を描いたかを発表してもらいました。

『どんなアニメを作ったか教えてください』

とお願いすると

「つぼみからお花が咲きました」

「イカが墨を吐きました」

などなど・・・自分の作品を誇らしげに見せてくれました。

この前まで幼稚園だったの?小学生になっての成長を感じた瞬間でした。

芝樋ノ爪小(6)

前に座っている子は

「わー○○くんすごい!」

とお友達に拍手!

後ろに座っている子は

「見えな~い」

と残念そう…。

「学校に帰ったら休み時間にお友達のアニメを見せてもらおうね。

どんなアニメか楽しみだね」

と声をかけました。

 

終了後、自分の描いたアニメを大事そうに持っています。

自分の描いた絵が動いてアニメになる。たった2枚の絵で味わえる感動を

子ども達と共感することが出来ました。

 

あっという間の1時間の授業が終わって子どもたちが帰る際に

「あ~たのしかった」

とか

「あとでまたくるね~」

などといってくれるのを聞いて

私達も飛び切りの笑顔でお見送りをしました。

 

“生活科、学区探検”として児童センターを選んでくださってありがとうございます。

これからも芝児童センターでは地域との繋がりを大切にしながら、

みんながわくわくするような活動を考えていきたいと思います。

 

芝児童センター 上田、宍倉、中村

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
bola deposit pulsa Sbobet www.illion.com situs khusus judi slot online judi online slot casino live skor
Situs BandarQQ Terpercaya