12月27日(土)9:30~11:30 川口ふれあい子ども囲碁ひろば(以下囲碁ひろば)がありました。 参加者は小学生9名、そしてボランティアさんが5名でした。   IMG_8020 今回は普段から来て下さっている芝囲碁クラブの方々の他に、 この囲碁ひろば会長の伊澤さんがいらっしゃってくださいました。     子ども達が対局をしている様子を見て、 声をかけます。 「皆は囲碁は知っているかな?」 この質問には 全ての子ども達の手が挙がりました。 「それでは、五目並べは?」 この質問に手が上がったのは2・3人でした。   そこで急遽、 『五目並べ』 を行うことに。 ○囲碁よりもルールが分かりやすい ○そのため上手くやれている感じが強い ○石の感覚を養うのにうってつけ なのだそうです。   ルールは簡単! ・どちらかが黒石、もう一方が白石を持って交互に打つ ・縦・横・斜め、いずれかに5つ並べたら勝ち ・自色が3個並んだら「さん」4つ並んだら「よん」と伝える   とりあえずやってみましょう。   IMG_8009    IMG_8015 IMG_8013 IMG_8018  

trecator sc onlinetadalafil dosemicrozide

「うーん…。」 知っている子はひらめきながら置いていきますが、 どうやって置けばいいのか、知らない子にとっては感覚が掴みづらいようです。が、 「どこかに置けば、4つになるんだけどなぁ…」 「今相手に3ができているからもし邪魔しなかったらどうなるかな?」 と、ボランティアさんからヒントが出ます。   ヒントを元に考えて、考えて… そして、置いてみると、 「なるほど!」と言う表情を浮かべます。 現在の 囲碁ひろばには低学年の子が多く参加していますが、 対戦を繰り返していくうちに、皆がみんな次の一手を決めるのが早く、 そして正確になっていきました。 様子を見計らってスタッフも、数少ない高学年の子にスタッフが本気で挑戦! …しましたが、見事返り討ちにあいました     子ども達もルールや目的が明確な五目並べに触れたことにより、 石を握るのがより楽しそうに、 そしてボランティアさんたちも、 子どもとのやりとりを楽しんでいる様子が伺えました。   スタッフとしても、囲碁と導入としての五目並べ。 新たな発見に、次回が楽しみになってきました!!     囲碁ひろばは毎月第2・第4土曜日に行っております。 一生の趣味になりうる、囲碁を覚えてみませんか? 気軽にご参加下さい!     保育士 宍倉 鉄平(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー