4月2日(土)13:00~15:00芝児童センターにて   卓球好き集まれ!春の卓球大会が行われました。

普段の練習(遊び)の成果を発揮しようと

小学生の部:9名 中学生以上の部:中学生1名、高校生5名、大人1名、 計16名が集まり、
賑やかな大会となりました。

 

「一緒にやろーぜ!」
「もう一回!」
  普段から、自ら友達を誘ってスポーツを通じての交流は自分たちでも行うことができますが、
大会となると話は別。

「今日は、あいつもライバルだ。」
と言わんばかりの よい緊張感が室内に張り詰めていきます。

スタッフはその雰囲気づくりをお手伝いします。

 

IMG_1109

 

 

 

 

 

 

 

 

○開会式 ・タイムテーブル ・大会ルール ・大会参加の心得

今回初めて開会式に加えた心得は、スポーツを行うのには当たり前のことではありますが、

試合前後の挨拶や、自分が試合をしないときのマナー、道具や場所、
相手を大切にすることをみんなで共有しました。

 

○交流打ち

『どんどん相手を変えて打っていきましょう!』

各部の出場者同士で、代わる代わる打っていきます。 その間にリーグ表の記入順を決めます。
じゃんけんをし、勝った人からリーグ表の上から名前が入っていき、その順番で試合を行っていきます。

 

○大会(リーグ戦)

・みんなの身体が温まってきました!

いよいよ大会開始です。 それぞれの部で11点1セットマッチの総当たり戦を行います。

中学生以上の子たちも 審判のお手伝いをしてくれます。

「それでは試合を始めます。気を付け、礼!」
「「よろしくおねがいします!」」

IMG_1044

IMG_1063

 

 

 

 

 

 

IMG_1065

IMG_1041

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「カコッカコッ…」
試合の最中はとても静かなもので、聞こえるのピンポン玉のリズミカルで小気味よい音だけです。
 

 

練習のときよりもどの子もラリー、カット、ドライブなど、
磨いてきた技術をいかんなく発揮している様子が見られました。

 

 

「10対12で○○の勝ちです。気を付け、礼!」
「ありがとうございました!」
「ありがとうございました…。」
一試合ごとの悲喜交々。

「やっぱりつよいな。」
「○点取ったよ!」
試合中の風景とは違い、合間の時間ではホッと一息。
試合で全力出した楽しさをかみしめています。

中学生以上の部では2、3試合進行を行ったところでマッチメイク、
記録の記入も含めて、運営をすべて委ねてみます。

最初は、特に次の試合のマッチメイクにてこずっていましたが、卓球部の男の子を中心に、

「次は誰と誰で試合する?」
「さっきの結果はどうなったんだっけ?」

合間の話し合いの時間を活用して、運営の部分にも積極的にかかわっていきました。  
また、気づくと中学生以上の部だけでなく、その姿を見た小学生たちも
自分たち自身で審判、運営も含めて行っているではありませんか。  
小学生の学ぶ姿勢もそうですが、そうさせたいと思わせた先輩たちもさすがです!

 

○エキシビションマッチ 「将来自分も、兄さんたちみたいに上手になる!」

中学生以上の部:1位と2位の子達による11点1セットマッチ。
審判も卓球部の子にお願いして、今日の一番の試合を披露してもらいました。

 

IMG_1072

 

 

 

 

 

 

 

 

デュースまでもつれる静かな大熱戦。 気が付くと参加者でないギャラリーも 増えていました。

負けてしまった子達も
「次は勝つ」
そして小学生たちも自分の未来図を映すかのごとく、食い入るように見つめていました。

 

 

 

○閉会式 ・成績発表 ・表彰 ・記念撮影  

 

IMG_1082

 

 

 

 

 

 

 

 

成績発表時には自然と子どもたちから、何位の発表時でも拍手が起こりました。

また、優勝者から一言もらうと。、

「みんなと一緒に卓球ができて楽しかったです。」

との照れながらもコメント。

最後まで一人ひとり気持ちのこもった、けじめのある、スポーツマンシップに則った大会となりました。

 

今回の参加者からは、

「次は入賞する!」

「もっとうまくなりたい!」

また、参加しなかった子も、

「次はおれも出る!」

今回以上にさらに盛り上がりそうな予感です。

 

そんな次回の開催予定は8月になります!

夏まで腕を磨きに児童センターに来てくださいね!

 

保 育士 宍倉 鉄平(3)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー