芝児童センター「ワールド子どもカフェ  CHANGアジアの子供財団さんとラオスを学ぼう」

日 時:2021年7月31日(土)14:00~15:00

参加者:小学生5人 中学生6人 大人2人 ボランティア(CHANGアジアの子供財団)2人

 

 

今回は特別版ワールド子どもカフェ!

CHANGアジアの子供財団さんに今年度もご協力頂き、ラオスについて教えていただきました。

また、今年度のテーマであるSDGsもクイズに答えながら学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(SDGsとはSustainable Development Goals「持続可能な開発目標」の略称で、

2030年までに国際社会における世界全体で協力して達成するべき開発目標について記されたものです。

キーワードは「誰一人取り残さない」、つまり、“みんな”が“幸せ”だと感じられる社会にするための目標。)

 

最初はラオスってどこにあるの?からスタートです。

序盤から子どもたちは皆ピーンと手を挙げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにラオスはここ。

 

 

 

 

 

 

 

ラオスのお寺やメコン川、フランスのものに似た建造物が映るたび、

「ここどこ?」「きれい!」と楽しんでいます。

ラオスは森の国と言われるほど自然豊かな国で、

ニューヨークタイムズ紙の調査で「世界で行きたい国ランキング1位」なんだそうです。

そういわれるとますます行きたくなってしまいますね。

 

食べ物も子どもたちの興味を掻き立てます。

「タイで有名なガパオライスはラオスでも人気です」とCHANGの斎藤さん。

カオニャオと呼ばれるお米は手で食べるそうです。

お米だけど日本とは違う文化にも触れました。

 

そして話はSDGsに。

「ラオスの子どもたちは地球を守るために3つのことに気を付けています。

①電気を大切にしよう、②物を大切にしよう、③水を大切にしよう、です」

この3つを軸にSDGsについてお話してくれました。

 

“この絵の中でもったいないところはどこか”を答えるクイズでは、全員が手を挙げて答えます。

「手洗いの時水出しっぱなし!」「寝ているのにテレビがついている」

「ビニール袋じゃなくてマイバックを使う!」「使っていない部屋の電気を消すー」

全問正解!

普段からSDGsについて考えられている証拠ですね。

その後SDGsに関する説明を、子どもたちがすべて読んでくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、クイズに正解した分だけ千本引きに挑戦できるサプライズも!

皆さん難問も答えられましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も楽しいお話、現地のリアルな生活をたくさん教えてもらいましたね。

知らないことを知ることもSDGsに繋がります。

また、自分の生活の見直しにもなったようで、

「ぼくはシャワー流しっぱなしかもしれない」

「マイバックを持ち歩くんだー」と子どもたち。

またひとつ地球にやさしくなれそうですね。

 

また、CHANGアジアの子供財団さんではラオスの子どもたちにあげる洋服を集めているそうなので

次回のワーカフェで持ってこられる人には「ラオスの子どもたちにあげても良い薄手の洋服」を

持ち物に加えてもらおうと思っています。

着なくなった服をゴミにするのではなく、誰かに着てもらう、これもSDGsに繋がります!

次回は9月です。是非参加してくださいね!

 

CHANGアジアの子供財団さん、参加してくれたみなさん、本当にありがとうございました。

コプチャ ライ!(どうもありがとう)

サバイディ!(さようなら)

 

 

児童厚生員  三浦 千知(10)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー