日時: 1月18日(日)10:00~12:00 1月25日(日)10:00~12:00 参加者:1/18-小学生10人 1/25-小学生9人   “自分で作りあげたものを使う喜びを味わいましょう”ということで マイマフラー作りを企画しました。 開催日18日、定員を10人にしましたが、申込みが倍近く来たため、急遽 翌週の25日も設定しました。   18日10時 自分が編みたいと思う毛糸を持って参加です。 参加者の殆どが女の子の中、男の子の参加も1名ありました。   まず初めに今回作る見本のマフラーや、棒編みのマフラーを見てもらい 編み方の違いと毛糸の種類の説明をしたところ 「いろいろとあるんだね」 「へぇ~」 と感心していました。 また、各自の毛糸を見せてもらい、種類の違いやグラム、太さの違い等を説明しました。 子どもたちは持参した毛糸を近くにいる子と比べたり “もこもこ”など種類の違いにびっくりしていました。   編み機を配りスタートです。   それでは作業開始! 使用するのはガムテープの芯と割り箸を利用してのスタッフの手づくり編み機です。 糸を1回目と2回目は編み機の棒に互い違いにかけ、3回目からはリリアン式に 指で糸をかけていきます。   最初は糸をかけるのにてこずりましたが、だんだんと慣れてくると自分のペースで 編むことが出来るようになってきていました。 スタッフが『12時までですが、2時間でできますか?』 と尋ねると、 「えーっ!」 と言いながらもみんな一生懸命に取り組んでいます。   編みながらお口もだんだん動いてきました 「こんなに夢中になったことない」 「時間がたつのが早い」 「1時までやりた~い」 「お昼食べなくてもいいからやっていたい!」 等・・・・みんな目が輝いていました。スタッフが 『もうすぐバレンタインだから、好きな人につくってあげたら?』 と提案をすると 「バレバレだから・・・」 『では、お父さんお母さんに編んであげたら』 と提案をすると 「お母さんじゃ小さいかも」 「お父さんじゃ色があわないかな?」 等話が弾みました。   DSC02738 12時 時間が来た時点で、半分の5名が仕上がりました。 まだ出来上がっていない子には最後の仕上げ方と、ボンボンをつけたい人には作り方を説明し、 後は宿題にしました。   25日の回は 9人全員小学校1年生で、しかもみんなお友達同士での参加でした。 スタッフのアシスタントとして、18日に参加してくれた小学3年生のNちゃんがお手伝いをしてくれることになりました。   作るマフラーの見本をみせ 『作ったことある人?』 ときくと、2名の子が学童でやった経験があるということでした。   前回と同じように毛糸を見せ合い、色と種類の違いの説明をしてから開始です。 マフラーの種類を見てもらいました。いろいろあるのでびっくり顔です。   最初のうち糸が絡まったり、段をとばしたり・・・。 1年生だけでしたので少々てこずりました。   IMG_8285 でも強い助っ人!! アシスタントのNちゃんの出番です。 Nちゃんは、みんなの糸のかけ方、かけ違いのチェックをしてくれたり、 間違っている場合はどう直していいのかをスタッフにきいてきて直してくれるなどとても頼りがいがあり 助かりました。 IMG_8283 前回同様、やはり始めると楽しいようで話が弾みました 「まだみじかいな~」 「楽しいね」 「時間がたつのが早いな~」 慣れてくると手さばきがなめらかになってきてみんな根気よく編んでいき 時間内に1名が完成しました。 後の子はマフラーにするにはあと少し長さが必要ということであとは宿題 仕上げの仕方とぼんぼんの説明をして終了です。   子どもたちは、迎えにきたお母さんに編みかけのマフラーをうれしそうに見せていました。   今回もたくさん参加をしてくださいましてありがとうございます。

buy generic cialis lilly icos llc cialis canadian pharmacy sites http://viagrabuy-online24.com/ online cialis

自分で作ったマフラーはきっと宝物になるでしょう! 道端で今回作ったマフラーをした姿が見られればいいな~と思います。   今回のアシスタントのNちゃんが鍵編みと棒編みをしてみたいというリクエストがありました。 その声にこたえて今後、“編み物企画”を進めていければと思います。   三上恵子 (1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー