参加人数:小学生63名 (生活クラブ児童:43名 一般参加者:20名)

 ボランティア:3名

11月14日埼玉県民の日に『うどんを作って食べよう』を開催しました。

みんなで粉から作るうどん作り。

説明が終わるとみんなで

「エイエイオー!」

とやる気満々です。

2006-11-14 00.11.06

まずは水を計量カップで300ml測ります。

2006-11-14 00.13.53

 

 

 

 

 

「ちょっと多くなっちゃった!」

「1ミリくらいだから大丈夫じゃない?」

測った水はボウルにうつします。

ボウルの水に塩を混ぜて塩水を作り、塩水が出来たらいよいようどんを捏ねます。

塩水を少しずつ小麦粉に混ぜていきます。

2006-11-14 00.17.41

 

 

 

 

 

「下から混ぜないとね」

「指にいっぱいついたよ~」

「水もうちょっと入れる?」

感触を楽しみながら、同じ班のお友達と相談してみんなで捏ねました。

まとまったら袋に生地を入れて足で踏みます。

「一人10回踏んだら次のお友達と交代しよう」

と職員が声をかけると、みんなで

「いーち、にーい」

と声を揃えて数えながら踏んでくれました。

2006-11-14 00.35.20

 

 

 

 

 

踏んだ生地は一度丸めて袋に戻し、午後まで寝かせておきます。

うどん捏ねが終わると3年生以上の子どもたちは、けんちん汁の野菜切りです。

「大根切りたい!」

「里芋はまかせて!」

「こんにゃくはどうやって切るの?」

2006-11-14 01.42.20

 

 

 

 

 

みんな積極的に行ってくれました。

「これ、ちょっと大きいから切り直す?」

と、気付いた子がせっせと切り直しもしてくれました。

野菜きりが終わると、みんなでお昼を食べて、続きは1時からのお楽しみです。

1時からは寝かせた生地を伸ばし、うどんを切ります。

2006-11-14 04.09.48

 

 

 

 

 

「初めて包丁使うよ~」

という子も。

「押さえる手はねこの手にして、ゆっくりで大丈夫だよ」

と、声をかけると慎重に切る姿が見られました。

細く切っていた中で一本だけ太く切っていた子には

「これは切らなくていいの?」

と聞くと

「これは“あたり”だよ。」

と笑顔で教えてくれました。

うどん切りが終わると、うどんが茹で上がるまで映写会を行いました。

映写会後、3時のおやつの時間にみんなでうどんをいただきます!

DSCF4747

 

 

 

 

 

「美味しい?」

と声をかけると

「お店で食べるのよりも美味しい!」

と嬉しい感想が聞けました。

“あたり”のうどんを食べた子は

「ちょっと硬いかも」

と言いつつ、完食でした。

おかわりをする子も多く、みんな味わって食べていました。

「私が切った野菜かな?」

「みんなで食べると美味しいね」

などの感想も聞こえました。

自分で作って食べること、みんなで食べることを楽しんでもらえたようです。

また、つばめ児童館では11月30日(日)には『ふかしいも会』を開催します。

そちらも『みんなで楽しく美味しい行事』にしたいと思います。

ぜひ、ご参加ください。

 

保育士 吉田 麻美子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー