所沢市立ひかり児童館「ひかりバザール」

【日時】平成29年8月25日(金) 午後14:00~午後15:30

【参加人数】乳幼児 18名 小学生 59名 大人 15名  合計 92名

 

昨年から始めた夏休みのイベント。

『ひかりバザール』

児童館のみで使用できる、ひかり紙幣を使って

ゲーム遊びをしたり、製作をしたり、ちょっと一息つけるカフェでお茶を飲んだりと

生活クラブの子どもが中心になって行うイベントです。

 

生活クラブの子どもたちは、何日も前から、『ひかりバザール』に向けて、

ポスターを描いたり、ゲームコーナーの道具作りをしました。

 

 

ひかり紙幣を受け取る【ひかり銀行】

大きな看板を作りました。

大きな白い紙に高学年の男子が文字をかき

2年生の女子がスタッフと長い時間をかけてちぎり絵で仕上げました。

とても華やかな素敵な看板ができました。

 

ゲームコーナーの準備では

「シュートの的ってどんな絵を描けばいいの?難しい。」

「文字でもいい?」と牛乳パックで作った的を見つめる子どもたち。

 

製作コーナの準備では、

スタッフの説明をききながらバッグの折り方を覚える子どもたち

「ここを、あわせるの?どこまで折ればいいの?」と当日にむけて

折り方をマスターしようと頑張っていました。

 

ポスターづくりでは、

「絵が描けたよ。何で色をつけようかな。マジックが目立っていいかな。」と

子どもたちで長い時間をかけ話し合い作りあげていました。

カフェの準備では、

番号札づくり。

高学年の子どもが低学年の子どもに作り方を教え作る姿が、

「1番から10番までこの紙に書いて。僕は、この紙に書くから。書き終わったら教えてね。」

「もう少し大きく書いた方がいいかな。これくらい。」

と協力し合い準備をする姿がありました。

 

こうして、子どもたちが、何日もかけ『ひかりバザール』の準備を進めてくれました。

いよいよ当日を迎えました。

 

『ひかりバザール』の始まりです。

各コーナーの準備に時間がかかってしまい少し遅れてのスタートになってしまいました。

 

手作りのお財布を片手に、ひかり銀行へお金をもらいに乳幼児親子さん、小学生が急ぎます。

 

「どこからいこうかな?」「あそこ、何やっているのかな?」

 

各コーナーでは、生活クラブの子どもたちが、大きな声を出し張り切る姿が

また、お金と相談しながら、何をしようかと、悩んでいる小学生

館内は、活気あふれていました。

 

製作コーナーの

〖けん玉コーナー〗です。

「この紙を丸めてボールを作って下さい。このひもとくっつけるのでビニールテープで貼り付けます。

何色のテープがいい。赤・青選んで下さい。」と丁寧に説明する生活クラブの子どもたち。

「これくらいの丸でいい。」「赤のテープちょうだい。」

生活クラブの子どもに聞きながら、けん玉づくりをする、未就園児さん。

 

〖マラカスコーナー〗です。

「トイレットペーパーの入口をこのテープではがれないように貼り付けて下さい。

貼り付けたら、中にビーズをいれ、ビーズが出ないように反対の入口もテープで貼って下さい。」

緊張した様子で話しをする生活クラブの子どもたち。

「テープがはがれちゃう、どうしたらいいの?」

「もう1枚テープを貼ってみて。こうやって。」

丁寧に生活クラブの子どもたちが教えていました。

 

ゲームコーナーの

〖シュートでポン!〗です。

「50点が最高点だよ。がんばって。」

応援する生活クラブの子どもたち。

「難しい。あとひとつボールが残ってる。よーし。」

「30点」

「うーん。」と苦笑いする高学年の男の子。

 

カフェのコーナーです。

「紅茶と麦茶。どっちがいいですか?」

とメニューを見せ、たずねる生活クラブの子ども。

「麦茶下さい。」

と乳幼児親子さん。

「この番号札を持って中に入って下さい。」

テーブルのある部屋に入り、乳幼児親子さんが座ります。

「いらっしゃいませ。」

番号札を確認

「お待たせしました。」と紅茶をトレイにのせ、こぼさないように運ぶ生活クラブの子ども。

「どーぞ。」笑顔といっしょに紅茶を提供していました。

 

『ひかりバザール』も終わりに近づいてきました。

 

「あといくら、お金、残っているかな?」

「30円。ゲームが出来る。ゲームコーナーへ行こう。」

と急ぐ小学生の女の子。

 

「けん玉。こま。作りませんか。」

生活クラブの子どもたちの声をきき

「〇ちゃん。こまおもしろいそうだよ。作ってみようよ。」

と相談をする乳幼児親子。

 

こうして『ひかりバザール』は、大変盛り上がり、終了しました。

 

生活クラブの子どもたちからは、

「ヤッター!」やりきったという表情。素敵な笑顔がたくさん見られました。

 

来年は、どのような『ひかりバザール』になるでしょう。

生活クラブの子どもたちの活躍が楽しみです。

 

保育士 岡部淳子(3)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー