日時:10月20日(月) 10:00~11:30

[パーティー衣装製作] 14:00~15:30

[ハロウィン仮装行列]

場所:ひかり児童館 集会室 中富南コミュニティセンター 日本大学芸術学部所沢校舎内

参加人数:幼児2名 小学生23名 大人1名 合計26名

中富小学校の運動会振替休日だった10月20日、

隣りの中富南コミュニティセンターと近隣の日本大学芸術学部のみなさん、

江古田なないろアートクラブのみなさんのご協力のもと、

ハロウィンパーティーを開催しました。

 

午前中は、仮装行列で着るマントとお菓子を入れるためのかご作りです。

P1040959

まずは、マントづくり。

「僕は、緑がいい!!」

「私は、やっぱり魔女の黒!」

みんな好きな色のポリ袋を選びました。

「ゴミ袋がどうやってマントになるんだろう?」

と興味津々の子どもたち。

P1040961

スタッフが見本を着ながら説明すると、

「へぇ!すごーい!!」

「マントのひもができた!!」

と集中して、作り方を聞き入っていました。

途中から、授業が終わったアートクラブの学生さんも合流し、 一緒に製作をしてくれました。

 

子どもたちにとって、アートクラブのお兄さんお姉さんは、憧れの存在。

「どうやったら、絵が上手に描けるようになる?」

「こっちにも来てー。」

「かぼちゃつけたら、ハロウィンっぽくない?」

「おばけみたいにしちゃおうっと!!」

など、一気に盛り上がりました。

P1040967

上手に作るためのヒントをもらったり、実際に描いてもらったりと 子どもたちは大満足でした。

 

次々と、新しい発想が生まれ、それぞれすばらしいマントが仕上がりました。

お菓子入れ作りでは、

「これが一番必要でしょ!」とみんな大興奮。

こちらも色画用紙とモールを使って、きれいなお菓子入れが出来上がりました。

お昼をはさみ、いよいよ待ちに待ったハロウィンパーティーの時間です。

13時の再開の時間に合わせて、続々と子どもたちが集まりました。

 

スタッフが、 「準備はOK?」 と聞くと、

「OK!!!!!!!!!!!!!!!」

と大きな声で返事が返ってきました。

P1040969    P1040970

そして、出発前に最終確認です。

「ところで、お菓子もらうときってなんていうか知ってる?」

との質問に、多くの子どもたちが、

「Trick or Treat!!」と答える中、

「お菓子ください!!」

とまじめに答えるAちゃん。

 

みんなから教えてもらい、“とりっく おあ とりーと”と書いたメモを持って出かけました。

まずは、日本大学芸術学部所沢校舎へお邪魔しました。

P1040974

入口で仮装した職員の方にお出迎えいただき、 ドキドキしながら一緒に校舎内へ。

大学生のお兄さんお姉さんから、

「かわいい~。」

「自分たちで作ったの?すごいね。」

と声をかけられ、自慢げな子どもたち。

P1040976

緊張もだいぶほぐれ、通りすがりの学生さんに、

「Trick or Treat!」

と言う子もいました。

また、今回は大学のご厚意で、学食堂内での学生さんとのお菓子交換や交流、

大講堂やテレビスタジオ見学のサプライズプレゼントもありました。

P1040978

学食堂内では広さと学生さんの多さに圧倒され、 急に静かになってしまう子も。

そんな中、待っていてくれたアートクラブの学生さんを中心に、 その場にいた学生さんとの交流を行いました。

「Trick or Treat!」

と言って、お菓子をもらい、学生さんと一緒にお菓子を食べました。

いつの間にか、大学生と友だちになっていました。

 

「この前のテレビ見た?」

「見た見たー。」

「芸能人の○○に似てるねー。」

すっかり、学生気分の子どもたちでした。

P1040981

お菓子をもらうため積極的に話しかける子、

もらったお菓子を何度も数える子、

わき目も振らず食べ続ける子。。。

楽しそうな子どもたちの顔を見ていると、 自然とスタッフからも笑顔があふれました。

 

次に、授業がある学生さんと分かれ、 職員の方に校内を案内していただきました。

子どもたちは、

「授業中だから静かにしよう。」

という約束を守り、

「わー。こういうのテレビで見たことある!!」

「博士とかあの台でしゃべってるよね。」

と小声で話したり、静かに移動したりと、 子どもたちなりに気を使っていましたが、 何せ仮装をしています。

P1040984

ちょっと目立っていましたが、  学生さんや先生方も温かく見守ってくださいました。

P1040991    P1040988

これで児童館へ帰ると思っていた子どもたちにもうひとつのサプライズ。

コミュニティセンターでもお菓子をいただきました。

「え?まだもらえるの?」

「ちょーラッキー!!」

「合言葉は何だっけ?日大で使いきっちゃって、忘れちゃったよ。」

緊張で疲れた様子が見られた子どもたちも このうれしい誤算に元気が戻りました。

 

 

日本大学芸術学部の皆さんや江古田なないろアートクラブの皆さん

コミュニティセンターの皆さんのおかげで

素敵なハロウィンパーティーを開催することができました。

ありがとうございました。

 

瀬戸百合枝②

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー