所沢市立ひかり児童館「就園児親子クッキング」

【日時】平成29年8月3日(木) 午前10:00~午後12:00

【参加人数】4組(子ども:6名 大人:4名  合計 10名)

 

夏休み。今年も就園児対象の『就園児親子クッキング』を行いました。

児童館に隣接している、コミュニティセンターの調理室をおかりしての活動です。

 

毎年、7月の中旬から、児童館に開催のポスターを貼らせて頂いているのですが、

ポスターを掲示するとすぐに

「今年も行うんですね。今年も参加します。」と遊びに来ていたお母様。

毎年参加して下さっている、お母様。今年で3回目。

夏休みの予定に入れて下さっていたとのこと。

嬉しいお話しを聞くことが出来ました。

 

「就園児親子クッキング」4組の親子さんが申し込んで下さいました。

 

今年は、地中海沿岸・中東・北アフリカで食べられている平たい円形のパン

『ピタパン』。

お家で簡単に出来る『野菜スープ』をつくりました。

 

「おはようございます。」

「エプロンと三角巾をつけて用意して下さい。」

お母様に手伝ってもらって、支度をする年少さん。

自分でやるから大丈夫と、エプロンのリボンを結ぶ年長さん。

用意、Ok!

 

最初は、『ピタパン』作りです。

「ボールに入れてある粉に水を入れます。少しずつ、少しずつ、柔らかい大きなお団子を作ります。」

 

「これくらい。」と少しずつボールの粉の中へ水を入れる子ども。

「もう少し、入れても大丈夫。混ぜてみよう。」とお母さん。

3~5分、こねました。出来上がり。

ビニール袋に入れて、生地をやすませます。

 

その間に、『野菜スープ』を作ります。

 

ニンジンを輪切りにし、型ぬきをします。

「固い。よいしょ。抜けた。」

「車の形だね。たくさん作って。」とお母さん。

玉ねぎは、お母さんが薄くスライス、

お鍋に水をいれるのは、子どもたち

「これくらいかな?」と計量カップのメモリを見つめています。

お鍋に水をいれて、コンロへ。

「鍋の中がボコボコしているよ。」と驚いた顔で話す子ども。

「車の形のニンジンと玉ねぎをいれるよ。見ててね。」とお母さんが鍋に野菜をいれました。

最後は、コンソメを入れて出来上がり。

「少し熱いので、冷ましてからいただきましよう。」

 

 

 

『ピタパンの中身』をつくりましょう。

スクランブルエッグです。

「お家でも簡単に作れるように、電子レンジでスクランブルエッグを作ります。」

 

「卵をコップの中に割って下さい。そうしたら箸でまぜてね。」

 

「コンコン。パッカ。」手慣れた様子で、卵を割る子ども。

「上手だね。お家でお手伝いするのかな?」

「お家でやってるよ。」と得意気に話してくれました。

混ぜた卵は、レンジへ入れてスイッチポン!

「すごーい。できてるー。」と驚いた顔のお母さん。

 

さあ、『ピタパン』の生地をしあげます。

 

「ビニール袋を叩いて、平たくして下さい。」

トントン、ボンボン。パンパン。力いっぱい生地を叩く子どもたち。

あっという間に生地は、ペッタンコ。

ペッタンコになった生地をフライパンへ、

「まだかな。まだかな。」フライパンを見つめる子どもたち。

「焼けてるか、裏返してみるよ。エイ!」とお母さんがフライ返しでひっくり返すと

「アー。茶色くなってる。変な模様だなー。」と声を上げる子ども。

さあーそろそろ、焼けたようです。見てみましょう。

「わー、おいしそう。」と笑顔の子どもたち。

 

おいしそうに茶色く色づいた、ピタパンを半分に切り、真ん中に切り込みを入れ

ポケットをつくるのは、お母さんのお仕事。

ポケットにスクランブルエッグをはさんで、できあがり。

 

 

 

 

 

 

 

『野菜のスープ』も食べごろ。コップにくみます。

 

みんなでそろって、「いただきまーす。」

「もちもちしてる。」

「たまごがこぼれちゃう。」と子どもたち。

「簡単に作れちゃうんですね。今度お家でも、作ってみます。」

「ピザの生地みたいですね。ピザを作ってみようかしら。」とお母さん。

みんな、完食です。

 

 

 

 

 

 

 

最後は、後片付け。

お皿を洗うのは、お母さん。

お皿を子どもたちが拭きます。

「シュッ、シュッ。ゴシ、ゴシ。」

手際の良い子どもたちにびっくり。

「お家でもお手伝いをたくさんしているの?」ときいてみると

「お家でもやってるよ。」と胸をはりこたえていました。

 

あっという間に『クッキング』は終了。

「お腹いっぱーい。おいしかったー。」と

満足そうな顔で帰って行かれました。

 

また、お家で作ってくれると嬉しいです。

 

保育士 岡部淳子(2)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー