日時:5月5日(火)14:00~15:00

参加人数:19名

 

心地良い午後

「どんなゲームをするの?」

「何してあそぶの?」と児童館へ遊びに来た子どもたち

子どもの日スペシャル!スタートの14:00がやってきました。

大人6名 子ども13名 計19名が集会室に集まってくれました。

DSCF0787

「今日は、5月5日何の日でしょう?」

「子どもの日!」と大きな声でこたえる子どもたち

「みんなの上をみて。何があるかな?」

ピンク色は、児童館に来てくれた乳幼児さん

水色は、生活クラブの子どもたちが作ってくれたこいのぼりがおよいでいます。

 

「こいのぼりだ!」

「昔、子どもが元気に大きくなりますようにと願い、のぼりに鯉を描き、

お祝いしていたことから、こいのぼりを飾るようになったんだって。」

 

もっと、もっと、みんなが元気に大きくなるようにと願い、

こいのぼり作りの始まりです。

うろこは、○△□色々な形のシール折り紙。

体は、小さなビニール袋に花紙を入れ作ります。

 

「色んな色の花紙を袋へ入れちゃおう。」

「たくさんうろこをはっちゃえ。」

「ふとっちょの魚になっちゃったー。」(笑)

 

世界にひとつのこいのぼりの完成

みんなの作った鯉で、つりゲームをしようと提案しました。

 

鯉だけだと寂しいので

水の中の生き物、たこ・いか・かにの描いてある白い画用紙を用意。

クレヨン・クーピーで色を塗り、鯉と一緒にソフト積木で作った池に泳がせました。

 

「たこがつりたいけど、いかもつりたいなー。」

「つれないから、もっと近くに魚を置いて。」

「あっ!ひもがからまっちゃった。とって~。」

あっという間に池の鯉は、子どもたちにつられてなくなってしまいました。

子どもたちの、魚がつれて、はしゃぐ姿が愛らしく感じました。

 

子どもの日スペシャル!も終わりにちかづきました。

最後のお楽しみ ビンゴゲームのスタートです。

 

16コのますの書いてある手づくりのビンゴカードに

「4、12、16・・・」

ボールにかかれた数字をよみあげます

「リーチ」

「6、14」

「ビンゴ!」

ガッツポーズ、ヤッター!と声をあげる子ども。大喜び。

ビンゴになった小学生は、チューチューアイス。乳幼児さんは、ラムネの首飾り。

ビンゴにならなかった子どもには、参加賞としてラムネをプレゼントしました。

 

最後にもうひとつのお楽しみ

みんなの釣った魚に青い☆のシールの貼ってあるレアー魚があることを伝えると

ゴソゴソ、ザー。釣った魚を広げ探す子どもたち

「あったー。これこれ?」

レアーを釣った子どもにもラムネの首飾りをプレゼントしました。

「おめでとう!拍手。」

 

みんなに注目され照れた顔の小学生でした。

こうして、子どもの日スペシャル!は幕を閉じました。

 

未就園児とその保護者、そして、小学生と小さな子どもが一緒に協力して製作をしゲームをする、

和気あいあいとしたひとときでした。

来年、子どもの日

みんなどんなにたくましく成長しているのでしょうか

楽しみです。

 

保育者  岡部 淳子 (1)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー