【日時】10月10日(土)10:30~15:00

【場所】ひかり児童館・中富南コミュニティセンター

【参加者】乳幼児:91名 小学生:129名 中学生:13名 その他:118名 合計:351名

 

10月10日(土)、3連休の初日に、『ひかりあきまつり』が行われました。

ひかりあきまつりは、実行委員の子どもたちが、

事前準備・当日の運営・片付けすべてを中心となって行う

まさに“子どもたちが子どもたちのために作るおまつり”です。

IMG_1197

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、小学3年生から6年生までの有志の子どもたちが

『あきまつり実行委員』として、大活躍しました。

8月31日に発足した『第2回ひかりあきまつり実行委員会』では、

子どもたちで、委員長などを決め、進めていきました。

女子は手作り品コーナーの製作を、

男子はゲームコーナーの準備を行うこととなり、

各自、時間を見つけて準備を行いました。

 

ゲームコーナーの話し合いでは、

「運動が得意な子も苦手な子もいるから、みんなが楽しめるゲームにしよう!」

「まつりに来るのは、小学生だけじゃないから、小さい子もできるゲームも必要だね。」

「じゃあ、○○はどうだろう?」

「いいね~。」

「天才だね~。」

とお互い褒め合いながら、

とてもいい雰囲気で準備が進みました。

IMG_1141

 

 

 

 

 

 

 

手作り品の話し合いでは、

「今年は、かわいい髪飾りを作りたいな。」

「そうだね。小さい子も付けられるように、小さいのも作ろうよ。」

「いいね~。」

「やさしいね~。」

こちらもお互い褒め合いながら進めているのが、微笑ましかったです。

そして、小学生の中で乳幼児さんへの思いやりの心が育っていることにとても感動しました。

IMG_1165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実行委員の仕事はこれだけではありません。

当日のオープニングセレモニーとクロージングセレモニーの司会もあります。

実行委員会の中で、役割分担や司会の台本についての話し合いも行われました。

「開会式は、うちらがやるよ。」

「じゃあ、閉会式はおれたちで。」

「発表してくれる子たちの名前は言った方がいいかな?」

「なんか話し合いしてるだけで、緊張する~。」

スタッフもフォローに入り、

当日の動きについて、何度も確認を行いました。

 

前日の9日には、実行委員の子どもたちに加え、

生活クラブの子どもたちも協力し、

館内の飾り付けを行いました。

みんな、翌日のおまつりを楽しみにしている様子が伝わってきました。

そして、いよいよおまつり当日です。

緊張しながらも、実行委員による開会宣言があり、

『ひかりあきまつり』が始まりました。

オープニングセレモニーでは、

自主サークルの「ぴよぴよベイビー」「ピカピカザウルス」「ラッコの親子」

の乳幼児さんによるダンスの発表や

生活クラブの有志によるフラフープ発表がありました。

IMG_1170

 

 

 

 

 

 

 

 

サークルさんの発表では、

「かわいい~。」

「がんばれー。」

「上手!!」

と小学生からも応援の声が上がりました。

P1010758

 

 

 

 

 

 

 

 

フラフープ発表では、音楽に合わせて難易度の高い技を決めると

「すごい!!」

「うまいね~。」

と自然と手拍子が湧くほどの盛り上がりでした。

 

オープニングセレモニーが終わり、模擬店の開始です。

コミュニティセンター2階では、

当日の早朝から生活クラブの保護者の方々と

更生保護女性会の方々に準備をしていただき、

「焼きそばコーナー」「フランクフルトコーナー」

かがやきさんによる「焼きだんごコーナー」

を行い、大盛況でした。

「やきそばちょーうまかった!」

「フランクフルト食べないとひかりまつりって感じしないよね。」

「焼きだんご5本も食べちゃった。」

とみんな満足な様子でした。

 

コミュニティセンター1階では、

和室の「乳幼児コーナー」

P1010768

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールの「ゲームコーナー」「工作コーナー」

P1010767

 

 

 

 

 

 

 

 

ロビーの「スーパーボールすくい」

P1010762

 

 

 

 

 

 

 

 

を行いました。

実行委員の子どもたちから、

「豪華景品付きのゲームと無料のゲームをやりたい。」

という意見から、

1回30円のストラックアウトゲームと無料のカプラゲームを行いました。

工作コーナーでは、

今年も江古田なないろアートクラブのみなさんによる「松ぼっくりツリー」が好評でした。

乳幼児コーナーでは、

「おまつりなのに、ゆっくりできちゃいました。」

と乳児さん親子の笑顔を見ることができました。

児童館内の図書室では、

先日から仕込んでいただいたひかりクラブさんによる

「むしケーキコーナー」

実行委員と生活クラブの保護者有志の方により

「手作り品コーナー」

「駄菓子コーナー」を行いました。

IMG_1178

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしケーキを召し上がった乳幼児保護者の方からは、

「ホッとする味です。手作りのってうれしいですね。」

「おみやげに買っちゃいました。」

とうれしいお言葉もいただきました。

 

あっという間に模擬店が終わり、

クロージングセレモニーの時間になりました。

みんなでビンゴ大会を行ったあと、

ジャンケン列車で対決しました。

IMG_1185

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、景品をもらい、大喜びでした。

最後に、実行委員の終わりの言葉で

今年も無事に『ひかりあきまつり』が終了しました。

IMG_1192

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、『ひかりあきまつり』終了後は、片付けです。

こちらも実行委員の子どもたちが中心となり、

あっという間に終わりました。

IMG_1193

 

 

 

 

 

 

 

 

片付け後の反省会では、

「自分たちが作ったものを「ありがとう。」って言って買ってくれたけど、

私こそ「買ってくれてありがとう。」って気持ちになった。」

「みんなが楽しんでくれているのを見て、

がんばってよかったって思った。」

「なかなか手伝いに来られなかったけど、

実行委員のみんなが優しくしてくれたのがうれしかった。」

「来年もやりたい!!」

など、前向き感想がたくさんありました。

 

今年も生活クラブの保護者のみなさん

自主サークルのみなさん、

更生保護女性会のみなさんなど、

たくさんの方々にご協力いただきました。

さらに、今年はかがやきさんにもご協力いただきました。

また、子どもたちの応援に来て下さった校長先生、民生委員のみなさん

本当にありがとうございました。

そして、何よりも実行委員の子どもたちの力があってこその『ひかりあきまつり』です。

実行委員としてがんばってくれたみなさん、

ありがとうございました。

『ひかりあきまつり』を通して、

地域のみなさんの支えがあってこその児童館だなと

改めて感じることができました。

これからも子どもたちが安心して楽しく過ごせる場所として、

地域で子どもたちを見守っていける場所を目指していきたいと思います。

 

児童厚生員 沢目明日香(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー