日時:平成26年12月24日(水) 15:30~17:00

場所:ひかり児童館 集会室・プレイルーム

参加人数:乳幼児4名 小学生42名 中学生2名 大人8名

 

毎年恒例のクリスマス会を行いました。

「メリークリスマス!!」

と出迎えるスタッフに

「メ、メリークリスマス・・・。」

と小さな声で答える子。

「メリークリスマス!!!」

とスタッフをびっくりさせるくらい大きな声で返事を返してくれる子。

いつもどおりに

「こんにちは。」

と来館する子など、子どもたちの様子もさまざまです。

 

そんな中、始まったクリスマス会。

まずは、みんなでゲームを楽しみます。

今年は、3つのゲームを用意しました。

1つめは、カプラ積み競争です。

1分間にどれだけ高く積めるかを競争します。

「よーい、スタート!」

の合図とともに、積み始めます。

一生懸命積み重ねていきます。

「がんばれー!」

みんなの応援にも力が入ります。

2つめは、わなげコーナーです。

数字の書かれた部分に輪を投げ、その合計得点で競争します。

輪をどのように持つと飛びやすいか、

一生懸命工夫して行います。

P1010602

「ここを持つといい感じ。」

「あー!投げ過ぎた!!」

「やった!!9点だ!!!」

子どもたちの元気な声が響き渡りました。

3つめは、ラムネキャッチャーです。

クリップを繋ぎ合わせて作った手作りおもちゃ。

クルクル回すことで、輪が広がり、ラムネが挟まる仕組みです。

取れた分のラムネがもらえることもあり、子どもたちは真剣です。

 

「あー、惜しい!」

「お!2つも入った。ラッキー!!」

もらえたラムネは、大事にポケットにしまいます。

時間は短かったものの、どの競技もそれぞれが満喫できたようでした。

それぞれ競技の優秀者の発表は、クリスマス会最後までのお楽しみです。

 

ゲームコーナーの次は、子どもたちの発表会の時間です。

まずは、手話教室の子どもたちの発表です。

手話教室は、毎月2回学生ボランティアさんが子どもたちに手話を教えてくれています。

歌に合わせて、手話表現をしました。

緊張の面持ちで、舞台へ進みます。

お客さんの視線を感じ、後ずさる1年生のAちゃん。

「大丈夫。行こう。」

と3年生のBちゃんが声をかけます。

みんなで深呼吸してから、発表が始まりました。

みんなで集まって練習できる時間があまり無かったため、

自信なさそうにしていた子どもたちでしたが、

曲が流れると、いつの間にか笑顔で発表することができました。

また、客席で見ていた子どもたちも、見よう見まねで一緒に手話をするなど、

手話教室に参加している子どもたち以外も手話に興味を持てるいい機会となりました。

 

次は、ハーモニカクラブの発表です。

翌日の文化センターでの発表会もあったため、控え室では、

「ここでうまくできたら、明日も大丈夫!!」

「がんばるぞ!!」

「おー!」

と言いながら、円陣を組みました。

3年目、4年目のベテラン子どもたちが中心となり、

一生懸命演奏を行いました。

堂々たる演奏に、客席からも拍手喝さい。

ハーモニカの音に合わせて、子どもたちが歌うなど、

会場が一つになることができました。

 

そして、最後にゲーム結果の発表です。

各競技上位3名ずつ発表し、みんなから拍手のプレゼントがありました。

P1010606

さらに、サプライズでサンタ工房からのおいしい手作りクッキーのプレゼントをもらった子どもたち。

「ありがとう。」

と笑顔で受け取ります。

「サンタ工房ってどこにあるんだろう。」

「ほんとは、児童館で作ったんじゃないの?」

「早く食べたいな~。」

みんなサンタ工房が気になっているようでした。

 

クリスマスイブに行ったひかり児童館のクリスマス会。

翌日から冬休みに入った子どもたちからは、

「クリスマス会の日の夜に、サンタさんからプレゼントが届いたよ。」

と教えてくれました。

 

サンタ工房のみなさん!

今年もひかり児童館の子どもたちのために

美味しいクッキーをありがとうございました。

児童厚生員  仲 利子②

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー