日時:6月13日(月)午前

参加人数:19名

 

『おひさまひろば』の開かれる朝は、

「今日は、たくさん乳幼児親子がきてくれるかしら。子どもたちと何をして遊ぼうかしら。

お母さまたちと上手く話ができるかしら。」
と、毎朝わくわくどきどき。

 

ひかり児童館では、月曜日 午前中 乳幼児とその保護者対象

『おひさまひろば』を開いています。

作ろうの日・あそぼうの日をテーマに親子で遊んで頂いたり、

月の最後には、お誕生日会をしています。

 

6月13日(月)『おひさまひろば』の日。

あれ、いつもの『おひさまひろば』と何か違った光景が…。

見てください。今日は、小学生が学校の振替休日という事で

【児童館サポーターの小学生】が参加してくれているのです。

 

【児童館サポーター】てなんだろう?

ひかり児童館では、~自分たちが主役の児童館をつくろう!~という事で、

小学校3年生以上で「サポーターをやりたい!」という子どもたちが集まり

【児童館サポーター】として活動をしています。

・新しい遊びの提案 ・行事の企画 ・防犯マップづくり

等々を行い、日々児童館を盛り上げてくれているんです。

 

今回は、乳幼児さんをサポートしよう。

お兄さん・お姉さんとして、乳幼児さんと仲良く、楽しく遊ぼう!という事で

【児童館サポーター】が参加してくれました。

 

 

ボーリングコーナー。

このコーナーは、ペットボトルに水を入れ、カタツムリ・カエルのイラストを

貼り付け、ボールでペットボトルを倒すという遊びの場です。

「この線からボールを投げるんだよ。」

「ここ。ここ。」

「そう、そう。投げていいよ。」

「たくさん倒れたね。すごいね。」

サポーターの言葉に、ニコニコの乳幼児さん。

P1050979

 

 

 

 

 

 

グルリンパ!コーナー。

このコーナーは、細長く切った新聞紙を2枚編み込んでいき、

バネの様に作り上げた物を、斜面の上で転がす遊びの場です。

「こうやって、折るんだよ.折ってごらん。」

「ぺたん。」

「そうそう、できた。転がしてみよう。」

「こっち。こっち。」

「見て。手にこう持って。」

「こお、お。」

「ほら。ほら。転がったでしょ。」

「は、は、は。」

笑いながら、何度も一緒に転がして、遊んでいました。

P1050989

 

 

 

 

 

 

こんな、姿も。

ブー、ブー。車が走ります。

「手を離さないでね。準備はいい?いくよー。」

サポーターの子どもがクルマをおすと、

「キャ。キャ。」

と大きな声が。

 

「こっち、こっちにおいで。」

「タッチ!」

一緒にトンネル遊び。

P1050994

 

 

 

 

おひさまひろば』も終わりに近づいてきました。

読み聞かせの時間です。

「読み聞かせをします。」

と、活動の始まる前に練習をしていたサポーター

みんなの前に立つと

「嫌だ。嫌だ。やっぱりやめようかな。緊張する。」

と絵本を読み始めることが出来ず困っていましたが、

照れながら最後まで絵本を読み終えることができました。

「パチ、パチ、パチ。」

大きな拍手が館内に響きました。

「ふー。緊張した。」

とほっとした顔をしていました。

P1050997

 

 

 

 

 

 

『おひさまひろば』も終わりです。

乳幼児親子さんの前に立ち、児童館サポーターの子どもたちを改めて紹介。

照れ笑いするサポーターたちでした。

 

乳幼児親子が帰る時間です。別れを惜しみ、サポーターの小学生とはぐでさようなら。

その微笑ましい姿に、心穏やかになり、幸せな気持ちになりました。

 

【児童館サポーターさん】の活躍で、素敵な『おひさまひろば』になりました。

ありがとうございます。ご苦労様でした。

 

保育者  岡部淳子②

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー