日時:H30.7.7(土)11:00~11:45

参加人数:31名

場所:ひかり児童館 プレイルーム

 

今年の七夕は土曜日。

ひかり児童館でもみんなで七夕を楽しもうということで、

七夕まつりを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず七夕についてお勉強…。

なぜ笹に飾るのか?

そして、笹飾りはそれぞれどのような意味があるのか?

初めて聞くことも多かったようで、みんな真剣に話を聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、笹は生命力が強く天に向かってまっすぐ伸びるので、

願い事を空に届けてくれるそうです。

そのほか、それぞれの笹飾りの由来につい知りたい方はひかり児童館まで♪

 

七夕について少しお勉強した後は…

さらに知識を深めるため、七夕〇×クイズに挑戦。

クイズは全部で12問。

「そんなの簡単だよ!」というような全問正解の問題や、

「う~ん…どっちだろう?〇か×か…こっちに行こう!」

…と、参加者の中でも答えが割れる問題など、

楽しみながら、七夕の知識をさらに深めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、正解を発表するたびに、

「イェーイ!」

「あぁ~…」

など、歓喜&がっかりの声が上がりました。

 

〇×クイズの後はキラキラシアター&絵本の読み聞かせ。

おはなしやクイズに出てきたことが絵本にたくさん出てきたので、

子ども達も振り返る意味にもなったのでしょうか、

とても静かにみんなよく聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後のお楽しみはこちら!

七夕そうめんです☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕にそうめんを食べる風習をご存知ですか?

色々と説はあるようですが、

昔、中国の帝の子どもが7月7日に亡くなり、

その後、熱病が流行ったことから、

帝の子どもが好物だった「索餅(さくべい)」をお供えしたそうです。

そして、中国では7月7日に索餅を食べる風習が生まれ、

それが日本に伝わり、日本ではそうめんを食べるようになったそうです。

そうめんは天の川や、織姫が織る機織りの糸にも似ていますね。

 

小さいお友だちも小学生も、みんな並んでそうめんをいただきますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、1年間の無病息災を願って七夕にそうめんを食べるそうです。

こういった由来を知り、みんなで食べた七夕そうめん。

1年間、元気に過ごせるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうめんを食べたあとの子ども達ですが…

 

改めて七夕飾りを手にとって眺めたり、

短冊に願い事を書いて吊るしたり…(願い事はいくつ書いてもいいそうです)

今回の七夕まつりで、今まで知らなかったことをたくさん知ることができたようで、

七夕に関しての興味や関心を一層深めることができました。

 

七夕に込めたみんなの願いがどうか天に届きますように…。

 

保育士 北田 奈巳(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー