【日時】4月16日(土) 10:30~11:30

【場所】外広場

【参加者数】19組(子ども 25人  大人 20人)

広場を使って、思いっきり外で絵の具遊びがしたい!そんな思いから、今年度から新しく始まりました。

せっかく外でやるんだから…と色々話合った結果、館内でやる絵の具遊びではなく、青空の下で大きな布にからだ全体を使って絵を描こう!というイベントになりました。

更に、その大布を使ってこいのぼりを作ろうと決定。

館内にポスターを掲示すると、お母さんたちから

「すごくいいですね!ぜひ参加したいです。」

「私は参加出来ないんですけど、パパが休みなのでパパにお願いして参加します!」

などの声をいただき、こちらも気合いが入りました。

前日に、最終確認で布を広げながら、あれが必要、これが必要などと考えていたら

来館していた親子さんが

「この布で絵の具遊びするんですね!やっぱりこのぐらい大きいと外でする意味がありますね!」

と言われ

「そうなんです。わ~!すごい!って思うような活動にしたいんです。」

「じゃあ、うんっとダイナミックな方がいいですね!せっかく外なんだし、汚れても何してもいいってぐらい大胆なほうが私は好きです。」

なるほど!そうだ、これは外の活動だ。ダイナミックじゃなくちゃ!と四角い頭を丸くしながら準備をしました。

当日になり、さぁ、いよいよ活動開始です!

爽やかな風が吹き、春を感じられるような温かさ。

なにより、名前通りの青空に恵まれ、お父さんもやる気十分です!

P1050778

いつも引っ込み思案のSくん。

なかなかお母さんから離れらないのに、今日は一生懸命筆を使って彩を添えています。

それを見ていたRくん。

「上手~!」

と言いながら、自分の足の裏にべったりと絵の具をつけて、布の上をペタペタ歩き回っています。

職員の腕にひたすら絵の具を塗っていたYくん。

先月、県外に引っ越してしまいましたが、今回お友だちと一緒に、ご両親でこの活動に参加しに来てくれました。

さらに、スタートと同時に汚れてもいい服に着替え、

「準備ばっちりだねー!」

とみんなから声を掛けられていました。

P1050780

あちらこちらに、可愛らしい足がたや手がた、筆で書いた思い思いの絵。

それが、1枚に収まって、どんな芸術品にも負けない、世界に一つだけの大布になっていました。

P1050779

でも、時間が経つのはあっという間で、もうおしまいの時間…。

初めての活動で、ドキドキしましたが、

参加していただいた親子さんの嬉しそうな姿や、楽しいという言葉に、いつの間にか不安は消えていました。

絵の具を落としながら、

「またやりたいです。お家じゃ絶対できないですから。」

とお母さんから言っていただき

「来年も楽しみにしててね!」

と、声をかけると、Tちゃんはニッコリと笑ってうなずいてくれました。

真っ白だった布は、沢山の色に染まり、まるで“春”そのもの。

みんなの“春”を乗せた大布がこいのぼりとなって、悠然と児童館で泳いでいます。

保育者 佐藤 彩美  (1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー