日時:平成27年3月15日(日)

14:00~16:00

場所:みどり児童館・体育室

参加人数:26名(幼児1名、小学生18名、中学生5名、ボランティア2名)

 

今年度4回目のユニホック(室内ホッケーのようなスポーツ)を実施しました。

小学生に入る前の幼児さんから中学生まで24人の子どもたちが参加してくれました。

男女や年齢の差があっても楽しめるスポーツなので、毎回、異年齢交流が自然と生まれる姿が微笑ましいです。

そして、おなじみの村田さんとコーチの方にもボランティアとして今回も参加いただきました。

 

前回11月に大学生と一緒にやった思い出が楽しかったようで、

「その時のポスターを家の冷蔵庫にずっと貼っていたんだ♪」

という女の子が今回も参加してくれました。

すっかり大学生のファンになったようです。

 

 

いつも通り、スティックの持ち方から始めます。

右利きの人は左手が上で右手が下になるように持ちます。

左利きの人はこの逆です。

 

早速、みんなでパスやシュート練習を始めると、

「見るだけ~」 とやりたがらない小学生も

「やっぱりやってみる」 と勇気を出して初挑戦してくれました。

DSC06988

一通り練習した後は待ちに待ったゲームですが、その前に4つにチーム分けです。

 

 

こちらから 「どんなふうにチーム決めしたらいいかな?」

と問いかけると、小学生から

「戦力のバランスがとれるようにするといいと思う!」

と答えが返ってきました。

というわけで、 まずは学年と男女に分かれて、各チームともバランスよく分かれました。

 

中学生や高学年にチームのリーダーになってもらい、 ハーフタイム時のメンバー変更やチームの作戦を立ててもらいました。

各チームの作戦会議を覗くと、 ハーフタイムのメンバー変更はあらかじめ決めずに、

「その時に疲れているメンバーがいたら代わろう」

などと決めたり、攻める人と守る人を決めたりしていました。

 

 

異学年が多いチームだけに、メンバーの結束を固めようと円陣を組むチームもありました。

DSC06998

ゲームはゴールがたくさん決まる試合が多く、とても盛り上がりました。

途中から参加したメンバーをスムーズに受け入れたり、

出場時間が短いメンバーを考慮してメンバー変更をしたり、

チームリーダーは頼もしい姿を見せてくれました。

 

優勝は3連勝のみどりチーム!

みどり児童館だけに、みどりが優勝だったのでしょうか?(笑)

DSC07001

大学生からは

「次回も機会があれば参加したいと思うので、是非参加してください!」

との言葉もありました。

 

 

イベント終了後は、 ユニホックを楽しんだ小中学生が一緒にドッジボールや人生ゲームで遊ぶ姿が見られました。

ユニホックを通じて違う学校や学年の子どもたちの関係が深まり、良かったなと思います。

ユニホックは来年度もまたやります!

そのときは是非また参加してくださいね、お待ちしています!

 

 

児童厚生員  田村 慎平(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー